Documentation

パブリケーションの作成と管理

対応可能:Liferay DXP/Portal 7.3以降

パブリケーションを使用すると、ユーザーはインスタンススコープの変更ブロックを作成できます。 各パブリケーションはインスタンススコープであるため、Liferay UIのどこからでもアクセスでき、複数のサイトからの変更を含めることができます。 デフォルトでは、ユーザーは自分が作成したパブリケーションのみを表示および管理できます。 ただし、ユーザーはお互いに招待し合い、自分のパブリケーションで共同作業を行うことができます。 詳細は、 パブリケーションでのコラボレーション を参照してください。

パブリケーションを有効にすると、[Publications]アプリケーションページまたは[Publications]ドロップダウンメニューを使用して、パブリケーションを作成、編集、公開、または削除できます。

重要

Liferayのバージョンをアップグレードする前に、すべてのアクティブなパブリケーションを公開したことを確認してください。 アップグレード後、アクティブなパブリケーションは古いとマークされ、パブリッシュや変更を行うことができなくなります。 また、アップグレード前に公開された出版物を元に戻すことはできません。 これらの出版物では、Revertオプションは削除されます。

新しいパブリケーションの作成

以下の手順に従って、新しいパブリケーションを作成します。

  1. [Publications]ドロップダウンメニュー をクリックし、 [Create New Publication] を選択します。

    [Publications]ドロップダウンメニューで[新規公開を作成]をクリックします。

    または、パブリケーションのアプリケーションを開き、 [進行中] タブの 追加 ボタン(Add button)をクリックします。

  2. パブリケーションの 名前説明 を入力します。

    注釈

    パブリケーション名は一意である必要はありません。 ただし、整理するために一意の名前を使用することをお勧めします。

  3. Create] をクリックします。

パブリケーションの名前と説明を入力し、[Create]をクリックします。

パブリケーションが作成されたら、それに変更を加えることができるようになります。 編集と公開のプロセスの詳細は、 変更の作成と公開 を参照してください。

注釈

作成後、各パブリケーションは、パブリケーションで行われた変更と競合しない限り、本番環境で行われた変更で自動的に更新されます。

進行中のパブリケーションの管理

Ongoing] タブでは、表示する権限があるすべてのアクティブな未公開のパブリケーションの表を表示できます。 表は 編集日時 順にソートされており、各パブリケーションの名前、説明、最終変更時刻、作成時刻、および所有者が含まれています。

[進行中]タブには、有効な未公開のすべてのパブリケーションが一覧表示されます。

ここから、パブリケーションの アクション ボタン(Actions button)をクリックして、次のアクションを実行できます。

公開に着手 :パブリケーションを選択して変更を追加します。 選択すると、[Publications]ドロップダウンメニューからパブリケーションと本番環境を簡単に切り替えることができます。 詳細は、 Making Changes in a Publication を参照してください。

編集 :パブリケーションの名前または説明を変更します。

変更の確認 :パブリケーションに含まれるすべての変更を表示します。 詳細は、 Reviewing Publication Changes を参照してください。

ユーザーを招待 :ユーザーを招待してパブリケーションで共同作業を行います。 詳細は、 パブリケーションでのコラボレーション を参照してください。

公開 :パブリケーションの公開プロセスを開始します。 これにより、ユーザーは公開設定ページにリダイレクトされ、そこで競合を解決できます。 競合がない場合は、 [公開] をクリックして変更を本番環境に公開できます。 詳細については、 Publishing Changes および 競合の解決 を参照してください。

スケジュール :パブリケーションの変更を本番環境に適用するようにスケジュールします。 詳細は、 Publishing Changes を参照してください。

権限 :パブリケーション固有の権限をユーザーロールに割り当てます。 このように設定された権限は、個々のパブリケーションに範囲指定されます。

削除 :インスタンスからパブリケーションを削除します。 選択すると、選択項目を確認するように求められます。

警告

パブリケーションを削除すると、データベースからすべての変更が完全に削除され、元に戻すことはできません。 パブリケーションを削除する前に、保存するデータがすべて保存されていることを確認してください。

スケジュール設定されたパブリケーションの管理

Scheduled] タブでは、表示する権限があるすべてのスケジュールされたパブリケーションの表を表示できます。 デフォルトでは、スケジュールされたパブリケーションは名前で一覧表示されますが、更新日または各パブリケーションの公開がスケジュールされている日時でソートすることもできます。

 [スケジュール]タブには、インスタンスでスケジュールされているすべてのパブリケーションが一覧表示されます。

スケジュールが設定されると、変更をパブリケーションに追加することはできません。 ただし、スケジュールされたパブリケーションの アクション ボタン(Actions button)をクリックして、次のアクションを実行できます。

スケジュール解除 :スケジュールされた公開設定をキャンセルし、パブリケーションを [処理中] ステータスに戻します。

再スケジュール :変更を本番環境に公開する別の日時を設定します。

変更の確認 :パブリケーションに含まれるすべての変更を表示します。

パブリケーションの履歴の管理

History] タブでは、他のユーザーによって公開されたものを含め、DXPインスタンスに対して公開されたすべてのパブリケーションの表を表示できます。 デフォルトでは、パブリケーションは 公開日 でソートされていますが、名前でソートすることもできます。

 [履歴]タブには、インスタンスで以前に公開されたすべてのパブリケーションが一覧表示されます。

ここから、パブリケーションの[Revert]をクリックすると、変更を復元する新しいパブリケーションを自動的に作成できます。 [元に戻す]パブリケーションの一部として、DXPインスタンスに追加の変更を加えることもできます。 詳細は、変更を元に戻すを参照してください。

注釈

インスタンスで公開されたすべてのパブリケーションは[履歴]タブに一覧表示されますが、パブリケーションの変更リストを表示したり元に戻したりできるのは、パブリケーションの所有者とコラボレーターのみです。