Documentation

セグメントエディターUIリファレンス

ここでは、セグメントエディターUIの概要について説明します。 セグメントエディターにアクセスするには、次の手順に従います。

  1. サイト管理] に移動し、セグメントを作成するサイトを選択します。

  2. サイトのメニューの下にある [People] → [セグメント] をクリックします。

  3. Add User Segment] ボタン(Add)をクリックします。

エディターの上部で、名前を設定し、定義されているセグメントの現在のメンバーを表示し、セグメントを 保存 するか、または キャンセル して変更を破棄できます。

セグメントエディターの上部には、セグメント名とそのメンバーが表示されます。

ページの右側には、次のオプションを含む プロパティ メニューがあります。

  • User

  • Organization

  • Session

  • Segments

セグメントエディターを使用して、新しいセグメントを作成します。

演算と論理積をプロパティと組み合わせて基準を定義します。

演算と論理積

ユーザーセグメントインターフェイスでは、いくつかのタイプの情報を収集できます。 テキストボックスに入力されるデータもあれば、セレクターを使用して特定の条件や日付選択などのツールを選択するデータもあります。 一部のフィールドでは演算子が使用され、特定のコンテキストに応じて、ユーザーまたはエージェントのデータと基準との間の関係を選択できます。

**次の値に等しい

**次の値に等しくない

**次の値より大きい

**次の値以上

**次の値より小さい

**次の値以下

**次の値を含む

**次の値を含まない

基準の性質によっては、演算子の選択にさまざまな組み合わせが含まれる場合があります。 たとえば、以下で説明する 日付 の選択には、「次の値を含む」と「次の値を含まない」を除く前述のすべてのオプションが含まれますが、 電子メールアドレス の選択には「次の値に等しい」、「次の値に等しくない」、「次の値を含む」および「次の値を含まない」があります。

各基準と各カテゴリの間に、「and」または「or」の論理積を定義できます。 「and」の場合、基準を満たすには、すべての基準が真でなければなりません。 「or」を使用すると、定義された基準のいずれかが真であれば真になります。 演算子を混合して複雑なケースを作成することもできます。

ユーザープロパティ

ユーザープロパティは、取得するユーザー属性です。 これは、アカウントで定義されているユーザーメタデータで構成されていますが、特定のグループメンバーシップ(ロールやユーザーグループなど)と、ユーザープロファイルが最後に変更された日付などの情報も含まれています。 次のユーザープロパティを使用できます。

プロパティ

説明

変更日

ユーザー情報が最後に変更された日付を選択するための日付ピッカーと関係セレクターを提供します

メールアドレス

ユーザーのプロファイルで提供される電子メールを入力するためのテキストボックスを提供します。

ユーザーのプロファイルで提供される名を入力します。

グループ

ユーザーがメンバーになっているサイトを選択します。

役職

ユーザーのプロファイルで提供される役職を入力します。

ユーザーのプロファイルで提供される姓を入力します。

ロール

ユーザーがメンバーになっているロールを選択します。

スクリーン名

ユーザーのスクリーン名を入力します。

チーム

ユーザーがメンバーになっているチームを選択します。

ユーザーグループ

ユーザーがメンバーになっているユーザーグループを選択します。

ユーザー

リストから特定のユーザーを選択します。

名前

ユーザーの氏名。

Liferay DXP 7.2 SP2以降、次のユーザープロパティも利用できます。

プロパティ

説明

誕生日

ユーザーの生年月日を選択するための日付ピッカーと関係セレクターを提供します

タグ

ユーザーに適用するタグを入力します。

組織プロパティ

組織プロパティは、セグメントに含める組織の選択可能なリストです。 これらには、 [名前] や [変更日] など、ユーザー選択と同様の基準が含まれています。 次の組織プロパティを使用できます。

プロパティ

説明

変更日

組織情報が最後に変更された日付を入力します。

名前

組織の名前を入力します。

名前ツリーパス

祖先組織の名前を入力します。

組織

特定の組織を選択します。

親組織

特定の親組織を選択します。

タイプ

組織タイプが定義されている場合は、組織のタイプを選択します。

Liferay DXP 7.2 SP2以降、次の組織プロパティも利用できます。

プロパティ

説明

組織が接続されている特定の国を選択します。

地域(都道府県)

組織が接続されている特定の地域を選択します。

タグ

組織に適用するタグを入力します。

セッションプロパティ

セッションのプロパティには、ユーザーのアクティビティ、ブラウザ、システム情報に基づく基準が含まれています。 これを使用して、ユーザーのデバイスまたはOSをターゲットにしたり、ユーザーが特定のキャンペーン主導のランディングページからWebサイトにアクセスした場合などのアクティビティベースの基準に使用したりできます。 次のセッションプロパティが利用可能です。

プロパティ

説明

ブラウザ

ブラウザからプロパティを入力します。

Cookie

ブラウザのCookieの名前を入力します。

デバイスのブランド

使用しているデバイスのブランド名を入力します。

デバイスのモデル

使用しているデバイスのモデル名を入力します。

デバイスの画面解像度(高さ)

画面解像度の高さの値を入力します。

デバイスの画面解像度(幅)

画面解像度の幅の値を入力します。

言語

現在の言語を選択します。

最終ログイン日

ユーザーが最後にログインした日付を選択します。

現地時間

ユーザーの所在地の現在の日付を選択します。

リファラーURL

ユーザーが最後にアクセスしたURLを入力します。

ログイン済み

ユーザーがログインしているかどうかを選択します。

URL

現在のURLを入力します。

ユーザーエージェント

ユーザーエージェントプロパティを入力します。

Liferay DXP 7.2 SP2以降、次の組織プロパティも利用できます。

プロパティ

説明

ホスト名

仮想ホスト名を入力します。

リクエストパラメータ

リクエストパラメータの名前と値を入力します。

セグメントプロパティ

対応可能:Liferay DXP/Portal 7.3以降

セグメントプロパティは、既存のセグメントを新しい複合セグメントに結合する方法を提供します。 複合セグメントは、ベースとなるセグメントからプロパティを継承し、メンバーを自動的に更新します。 詳細は、 複合セグメント を参照してください。