Documentation

条件付きフィールドを使用したフォームの作成

フォームは、1つの質問に回答することで回答者が次の3つの質問をスキップできたり、回答者に追加の質問への回答を要求するなど、動的なフォームにすることができます。 このように、各フィールドは条件付きのフィールドにすることができます。 どのフィールドを条件付きにするかを決めたら、フォームルールを使って、その質問に対する回答に基づいて次のアクションを決定します(例えば、複数ページのフォームでは、3ページ目をスキップして4ページ目に進むなど)。

各フォームルールには、条件とアクションが含まれています。詳しくは、フォームルールの概要を参照してください。

フォームルールを追加する前に、最初にすべてのフィールドを持つフォームを作成する必要があります。 (各項目タイプの詳細は、フォーム項目タイプのリファレンスを参照してください。) すべてのフィールドを作成したら、フォームルールを追加します。 フォームルールの一覧は以下のとおりです。

表示・非表示ルール

回答者に追加の質問に答えてもらいたい場合は、 表示・非表示 ルールを使用します。 例えば、キャンプの登録フォームには、キャンプ参加者が18歳以上であるかどうかという質問があります。 答えが [いいえ] の場合、フォームには保護者の名前を尋ねる追加フィールドが表示されます。 それ以外の場合、参加者が [はい] と答えた場合、保護者の名前を尋ねるフィールドは非表示になります。

詳しくは、表示・非表示ルールの使用の記事を参照してください。

有効化・無効化ルール

表示・非表示ルールと同様に、 有効化・無効化 ルールは、1つまたは複数の条件に基づいてフィールドを編集可能にします。 任意の情報を入力したり、特定のグループに該当するユーザーのみからデータを収集する場合に便利です。 例えば、キャンプ場や病院では、治療に影響を与える可能性のある薬やアレルギーを記入してもらうことがあります。 このフィールドは、ユーザーが[はい]を選択した場合のみ編集可能です。

詳しくは、有効・無効ルールの使用の記事を参照してください。

ページへ移動ルール

また、 ページへ移動 のフォームルールを使用するというオプションもあります。 その名の通り、回答者は回答に応じてフォームの別のページにジャンプすることができます。 これは、フォームの一部のユーザーにだけ適用されるページがある場合に便利です。

詳しくは、ページへ移動ルールの使用の記事を参照してください。

自動入力ルール

自動入力 ルールは、事前に設定された条件に基づいて、フォーム項目のオプションを絞り込みます。 一般的な使い方としては、州や地方、国や都道府県を入力し、条件付きのフィルタを適用することが挙げられます。 例えば、回答者が地理的な地域(ヨーロッパ、北米、アジアなど)を選択した後、国(ドイツ、アメリカ、マレーシアなど)を選択する場合などです。 自動入力 ルールを使用する前に、データ プロバイダーに接続する必要があります。 詳しくは、 RESTデータプロバイダーを使用してフォームオプションを入力する をご覧ください。

必須ルール

必須 ルールを使用すると、1つまたは複数の条件に基づいてフィールドを必須にすることができます。 必須ルールは、 表示 ルールのように、他のルールと関連して機能します。 例えば、レンタカーのフォームには、回答者がレンタカーに割引を適用するかどうかを記入するセクションがあります。 回答が [はい] の場合、回答者は割引を受けるためにプロモーションコードを入力する必要があります。

詳しくは、必須ルールの使用の記事を参照してください。

計算ルール

他のフィールドに基づいて値を計算することで、数値フィールドを入力する 計算 フォーム ルールを作成します。 例えば、計算ルールでは、参加者数と登録料を掛け合わせることで(1人130ドル × 17人)、キャンプやカンファレンスの総登録料を算出することができます。

重要

計算の対象となるのは数値フィールドに限られます。

詳しくは、計算ルールの使用の記事を参照してください。