Documentation

Documentation Menu
Go Back

オブジェクトの削除

Liferay 7.4 U26以降およびGA26以降で利用可能

ドラフトとパブリッシュされたオブジェクトの定義を削除することができます。 定義を削除すると、公開された定義の保存された項目を含む、その関連データが削除されます。

重要

Liferay 7.4 U26/GA26 以前のバージョンでは、ユーザーは 公開オブジェクト定義 を削除することができません。

定義にアクティブなリレーションシップがある場合、定義を削除する前にそれらを削除する必要があります。 詳細については、リレーションシップの削除を参照してください。

オブジェクト定義を削除する前に、すべてのアクティブなリレーションシップを削除する必要があります。

定義を削除するには

  1. グローバルメニュー (Global Menu) を開き、 コントロールパネル タブを選択し、 オブジェクト をクリックします。

  2. 目的の定義の アクション ボタン (Actions Button)をクリックし、 [削除] を選択します。

  3. ダイアログウィンドウで、定義の名前を入力し、 [Done] をクリックして確定します。

    オブジェクト定義の名前を入力し、 [Done]をクリックします。

追加情報