Documentation

組織について

Liferay組織は、実際の組織階層を反映したユーザーおよびサイトの分散管理を実現できます。 組織は、無制限の階層レベルにネストできます。 典型的な組織図を考えてみましょう。

組織図は、会社、政府部門、非営利団体、またはその他の人の集まりがどのように編成されているかを示します。 Liferayの組織はこれらをモデル化できます。

この構造はLiferay DXPでモデル化できるため、管理責任を委任し、組織を反映する方法でユーザーを編成できます。 組織ロールを介してこれらのユーザーに権限を適用すると、定義された階層内である組織から別の組織に移動したユーザーには、適切な権限が自動的に付与されます。

組織ロールと権限

組織は、その組織だけを対象範囲とするロールを持つことができます。 組織ロールの権限は、その組織の階層内のアプリケーションとコンテンツにのみ影響します。 たとえば、メッセージボードへのアクセスを定義するポータルスコープのロールと組織スコープのロールの違いは2つあります。

  1. 組織ロールは、その組織(またはその子)のメッセージボードにのみ影響します。

  2. ポータルロールは、インストール全体のすべてのメッセージボードに影響します。

組織ロールは組織内でのみ有効です。

これには大きなメリットがあります。 たとえば、大企業がLiferay DXPで組織図を組織としてモデル化している場合、管理が簡単になります。 ITのプロビジョニングアプリケーションを使用する権限を持つITユーザーは、HRに移行することができ、そのユーザーをITからHRに移動すると、プロビジョニングツールへの権限が自動的に削除され、HRの報酬ツールへの権限が自動的に付与されます。

組織管理者

組織管理者は 委任された 管理者です。 つまり、彼らはあなたのポータルの一部(あなたが定義した部分)を取得して、あなたの管理の負担の一部を肩代わりします。 組織管理者は次のことを実行できます。

  • 組織内およびすべての子組織内のすべてのユーザーを管理します。

  • 必要に応じて、ユーザーを組織に割り当てます( portal-ext.propertiesの[Organizations]セクション を参照)。

  • サイト管理者と同じように、組織のサイトを管理します。

組織管理者は、デフォルトではコントロールパネルにアクセスできません。 代わりに、 [自分の組織] リンクをクリックして、管理している組織にアクセスできます。

組織管理者は、プロファイルから組織にアクセスできます。

組織サイト

組織は独自のサイトを持つことができます。 組織サイトは、サイト管理者と同様の権限を持つ組織管理者が所有します。サイトのページ、ウィジェット、コンテンツ、およびユーザーを管理できます。 サイトがアッタチされている組織のメンバーは、組織のサイトのメンバーになります。 これは、組織のサイトのプライベートページ、およびそこにあるすべてのポートレットまたはコンテンツにアクセスできることを意味します。