Documentation

ページ単位での設定

お客様のニーズに合わせて、個々のページを設定することができます。 この方法で行われたすべての変更は、選択されたページに範囲設定されます。

ページの設定は、 サイトメニュー から [サイトビルダー] → [Pages] へ移動して行います。 次に、カスタマイズしたいページの アクション ボタン(Actions button)をクリックし、 [Configure] を選択してください。

カスタマイズするページのアクションボタンをクリックし、[設定]を選択します

または、カスタマイズするページに移動して、 アプリケーションバー の右上にある ページ設定 ボタン(Configure Page Button)をクリックして、個々のページ設定にアクセスすることもできます。

これらの設定は、以下のタブに整理されています。

注釈

これらの設定の多くは、ユーザーのロケールに応じた翻訳を提供するためにローカライズすることができます。 Introduction to LocalizationModifying Localizable Site Fields で、より詳細な情報をご覧下さい。

General (Automatic Copy)

ページ名、フレンドリURL、レイアウトなど、ページの基本的な情報やデザインを設定することができます。

名前とフレンドリURL

[Name]フィールドを使用して、ブラウザのタイトルバーに表示される、サイトナビゲーションのページタイトルを設定します。 また、[Friendly URL]フィールドを使用してページの新しいURLを設定するか、 復元 アイコン ( Friendly URL Restore icon ) をクリックして、以前に使用したURLを表示して復元します。 詳細については、 ページのフレンドリURLの設定 を参照してください。

ページのタイトルを設定するには、[名前]フィールドを使用します。 フレンドリURLフィールドを使用して、ページのカスタムURLを設定します。

ちなみに

ページの名前とフレンドリURLは、ページ作成時に一緒に定義されますが、その後は別々に設定されます。 両者が一致するように、一緒に更新するのがベストプラクティスです。

メニュー表示

ページ階層を表示するメニュー表示ウィジェットやフラグメントから、ページを非表示にすることができます。 この機能を有効にすると、非表示のページを他のナビゲーションメニューに追加すると、他のナビゲーションメニューに表示できます。 詳しくは、 Configuring Site Navigation を参照してください。

ページレイアウト

グローバルテンプレートを使用して作成された基本ウィジェットページ(ブログ、Wiki、検索など)の場合、グローバルテンプレートに加えられた 変更をページが継承 するかどうかを確認します。 ページが変更を継承しない場合、カスタムレイアウトを選択して、そのウィジェットの行と列のコンテナを定義します。

レイアウトテンプレートを選択し、ウィジェットの行と列のコンテナを定義します。

カテゴリ設定

トピックタグ を使ってページのコンテンツを分類し、ユーザーがより簡単にコンテンツを探せるようにします。 タグとカテゴリの使用の詳細については、 カテゴリとタグを使用したコンテンツの整理 を参照してください。

ルック&フィール

ここでは、ページセットのテーマ設定を使用すること、もしくはページの独自のルック&フィールを定義することができます。 ページのテーマをカスタマイズする場合、様々なテーマ設定を切り替えることができます。

また、CSSエディタにアクセスし、ページにカスタムCSSコードを追加することができます。 この方法でページに追加されたCSSコードは、テーマの後に読み込まれます。

ページセットのテーマ設定を使用するか、ページ独自のルック&フィールを定義するかを決定します。

注釈

ウィジェットページがここにルック&フィールタブを含むのに対し、コンテントページは編集サイドバーメニューにこれらの設定を含みます。

詳細設定

検索文字列、 モバイルデバイスのルール、カスタムフィールド、埋め込みウィジェットなど、ページのコンテンツや機能をカスタマイズするための追加設定にアクセスできます。

注釈

ウィジェットページには[詳細設定]タブがありますが、コンテントページには編集サイドバーメニューのルック&フィールの下にこれらの設定項目があります。

検索文字列 :ページに他のパラメータが存在しない場合、デフォルトのパラメータを提供するために使用します。 検索文字列は、webコンテンツテンプレートに役立ちます。

ターゲット :このフィールドを使用して、新しいウィンドウ、タブ、またはフレームセットでリンクを開くなど、特定のターゲット属性を使用してページリンクの動作を決定します。

アイコン : サイトのナビゲーションメニューでページ名と一緒に表示されるアイコンを選択します。

JavaScript : ページにJavaScriptのコードを追加します。 追加されたコードは、ページの一番下で実行されます。 また、ページセットの 設定 ページでもこのエディターにアクセスすることができます。

ちなみに

サイトのテーマがJavaScriptを使用している場合、個々のページやページセットではなく、テーマにカスタムJavaScriptコードを追加することが最善です。 これにより、サイトのJavaScriptコードを一カ所にまとめることができます。 JavaScriptを使用しないテーマの場合、ここにサイトのすべてのJavaScriptコードを配置します。

モバイルデバイスルール :ページがモバイルデバイスのためにそのページセットのルールを使用するか、独自に設定されているかを判断します。 これらのルールは、ページのコンテンツがさまざまな種類のモバイルデバイスでどのように表示されるかを決定します。

カスタマイズの設定 :ウィジェットページのカラムをユーザー向けに カスタマイズ可能 にするかどうかを決定します。 カスタマイズが有効な場合、ユーザーがカスタマイズできる列を指定します。 詳しくは、 Personalizing Pages を参照してください。

ユーザーがウィジェットページをカスタマイズできるかどうかを判断します。

カスタムフィールド :サイトページに定義した カスタムフィールド を表示、設定します。 詳細については、 Custom Fieldsを参照してください。

埋め込みウィジェット :Webコンテンテンツテンプレート、ページフラグメント、またはテーマを使用してページに埋め込んだウィジェットにアクセスできます。

注釈

カスタムフィールド埋め込みウィジェットのセクションは、カスタムフィールドと埋め込みウィジェットをページに作成した場合にのみ表示されます。

SEO

検索エンジン最適化(SEO)とは、検索エンジン結果ページ(SERP)におけるページの順位を向上させるために用いられる手法のことを指します。 [SEO]タブでは、ページのコンテンツを最適化するための設定に簡単にアクセスできます。 以下の設定については、SEOとOpen Graphを設定するを参照してください。

HTMLタイトル

HTMLタイトルフィールドを使用して、ページの <title> タグを定義してください。 このタイトルは、検索エンジンがあなたのページをランク付けするために使用され、検索エンジンの結果でページの見出しとして機能しますが、ページの 名前 を置き換えることはありません。 HTMLタイトルの推奨される長さは 60 文字未満です。

説明

説明文フィールドを使用して、ページの<description>タグを定義してください。 この説明文は、検索エンジンがあなたのページをランク付けするために使用され、あなたのページの検索結果のプレビューにも表示されます。 説明文の推奨される長さは155文字未満です。

カスタム正規化URL

ページのカスタム正規化URLを設定します。 この方法で設定されたカスタムURLは、グローバルレベルやインスタンスレベルの設定より優先されます。

キーワード

あなたのページのコンテンツを検索するときに使われる可能性の高い単語をリストアップします。 これらのキーワードは、あなたのページのランキングに貢献します。

ちなみに

タイトル、見出し、説明文、段落、画像のaltテキストなど、ページのコンテンツ全体にキーワードを頻繁に使用します。

SERPプレビュー

HTMLタイトル、説明文、カスタムURLの設定に基づき、検索エンジンの結果ページ(SERP)でページがどのように表示されるかをプレビューします。

検索エンジンの検索結果にページがどのように表示されるかをプレビューします。

ロボット

robots.txt のルールをページに設定します。 このルールは、検索エンジンやその他のツールがお客様のサイトをクロールし、インデックスする際に、クローラーが指定したパスにアクセスすることをブロックしたり、許可したりする指示を与えるものです。

サイトマップ

サイトクローラーが使用するサイトマップにページが含まれているかどうかを判定します。 ページを除外することで、サイトクローラーがあなたのサイトをクロールしインデックスする際に、そのページをスキップするように指示します。

ページの優先度

ページの優先順位を0.0から1.0まで設定します。 これは、サイトをクロールしインデックスするツールに、サイト内の他のページに対するページの優先順位を通知するものです。

定期更新

ドロップダウンメニューを使用すると、サイトのクロールとインデックスするツールに、ページの更新頻度を知らせることができます。

Open Graph

対応可能:Liferay DXP/Portal 7.3以降

Open Graph は、Facebook、Slack、Twitterなどのアプリケーションコンテキストで共有する際に、サイトコンテンツのプレビューを標準化するインターネットプロトコルです。 これは、 <meta> タグとしてページヘッダーに構造化データを埋め込むことで、 RDFa と同じように実現します。

Open Graph] タブでは、Open Graph <meta> タグを使ってページのメタデータを定義し、コンテンツの魅力を表現することが可能です。 ここで定義された値は、サイトレベルで定義されたデフォルト値をオーバーライドします。

注釈

Open Graph <meta> タグは、未認証のユーザーに対してのみページヘッダーに含まれます。 ユーザーがログインしているときは含まれません。

画像

画像フィールドを使用して、ページに対して以下のOpen Graph <meta> プロパティを定義することができます。

<meta property="og:image" content="http://example.com/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:secure_url" content="https://secure.example.com/ogp.jpg" />
<meta property="og:image:type" content="image/jpeg" />
<meta property="og:image:width" content="400" />
<meta property="og:image:height" content="300" />

画像の別の説明

ページの og:image:alt プロパティを定義するには、画像の別の説明フィールドを使用してください。 [言語フラグ] ボタンを使用して画像の別の説明をローカライズすることもできます。

カスタムタイトルと説明文

og:titleog:description のプロパティを定義するには、タイトルと説明フィールドを使ってください。 これらのプロパティは、ページのHTMLタイトルと説明の代わりに、リッチプレビューに使用されるカスタムテキストを作成します。 また、これらの値は、 [言語フラグ] ボタンでローカライズすることができます。

Open Graphのページ表示のプレビュー

ページのOpen Graph設定をプレビューします。 このセクションでは、プロトコルをサポートするコンテキストでURLが共有されたときに、あなたのページのコンテンツがどのように表示されるかを表示します。 ただし、画像の比率はURLが掲載されている場所によって変わることがあります。

Open Graphの設定をプレビューします。

カスタムメタタグ

ここでは、ページの <head> にカスタム <meta> タグを追加することができます。 これらのタグは、ページのHTMLソースコードにのみ表示され、ページのデータを記述し、そのデータが検索エンジンの結果やソーシャルメディアの投稿など、さまざまなコンテキストでどのように表示されるかを決定するために使用されます。 各タグはプロパティ属性とコンテンツ属性で定義されます。

プロパティとコンテンツ項目を使用して、ページの見出しにカスタムメタタグを追加します。