Documentation

翻訳の権限の管理

コンテントページとWebコンテンツの翻訳に必要な権限は、翻訳方法によって異なります。

  • 手動翻訳には、リソースタイプに対して アップデート 権限、または1つ以上の言語に対して 翻訳 権限のいずれかが必要です。

  • 翻訳のエクスポートとインポートには、リソース タイプの アップデート 権限が必要です。

更新権限の割り当て

Webコンテンツの アップデート 権限を持つユーザーは、利用できる任意の言語に手動で翻訳できます。 また、翻訳用にXLIFFファイルとしてエクスポートし、終了後に翻訳をインポートすることも可能です。 アプリケーションレベルでこれらのパーミッションを割り当てる方法については、ロール権限の定義を参照してください。

翻訳権限の割り当て

翻訳権限は言語固有であり、コンテントページとWebコンテンツの 翻訳 アクションへのアクセス権限を付与します。 翻訳権限を持つユーザーは、割り当てられた言語のみを使用できます。 一度付与された翻訳権限は、個別のアセットで制限することはできません。

注釈

翻訳可能な言語は、インスタンスのローカライズ設定により決定されます。 詳しくは、初期インスタンスのローカリゼーションおよび仮想インスタンスのローカリゼーション

次の手順に従って、特定の言語の翻訳権限を割り当てます。

  1. グローバルメニューGlobal Menu)を開き、 [コントロールパネル] タブに移動して、 [ロール] をクリックします。

  2. 目的のロールの アクション ボタン (Actions Button)をクリックし、 [編集] を選択します。

    または、 追加(Add Button) ボタンをクリックし、翻訳の新しいロールを作成します。

  3. 権限の定義] タブをクリックし、[権限設定]サイドバーメニューの [サイトとアセットライブラリの管理] → [設定] → [Translation] に移動します。

  4. チェックボックスを使用して、選択したロールに目的の言語権限を割り当てます。

    選択したロールに目的の言語権限を割り当てます。

  5. ページの下部にある [保存] をクリックします。

ロールが設定されたユーザーは、Webコンテンツやコンテントページを指定された言語に手動で翻訳できるようになりました。

追加情報