Documentation

Documentation Menu
Go Back

アクションの種類について

アクションは、オブジェクトの入力イベントをトリガーとするカスタムオペレーションを定義します。 Liferay Objects は4つのアクションタイプを提供します。

アクションタイプ

Description

Webhook

URLにペイロードを配信する。

Groovy スクリプト

カスタム Groovy スクリプトを実行します。

通知

あらかじめ設定されたテンプレートを使って、電子メールによる通知を送信します。

オブジェクトエントリーを追加

アクティブなオブジェクトにエントリーを作成する。

重要

Groovy スクリプトアクションは、Liferay Experience Cloud Self-Managed と Liferay DXP Self-Hosted でのみ利用可能です。

Webhookアクション

Liferay 7.4以降で利用可能

Webhookアクション では、データペイロードを設定されたURLに配信します。 ターゲットURLを入力する必要があります。 該当する場合は、秘密を入力してください。

WebhookのURLとシークレットを入力します。

Groovyスクリプトアクション

Liferay 7.4 U27以降とGA27以降で利用可能

Groovy Script アクションは、Groovy スクリプトを実行します。 用意されたコードウィンドウにスクリプトを入力します。 Liferay 7.4 U33+ と GA33+ では、Liferay は GroovyShell クラス を使って、Save をクリックしたときに Groovy スクリプトのシンタックスを検証します。 スクリプトが無効な場合、Liferayはエラーメッセージを表示します。

Groovyスクリプトを入力します。

通知アクション

Liferay 7.4 U32以降およびGA32以降で利用可能

Notification] アクションを使用して、オブジェクトイベントのメール通知設定を自動化します。 インスタンスには、 設定されたメールサーバー と、少なくとも 1 つの 通知テンプレートが必要です。

各メールの送信者、受信者、内容を決定するために、通知テンプレートが必要です。

通知テンプレートの選択

オブジェクトエントリアクションの追加

Liferay 7.4 U33以降およびGA33以降で利用可能

Add an Object Entry アクションは、指定された Object にエントリーを作成します。 アクティブなオブジェクトを選択する必要があります。 オブジェクトに必須フィールドが含まれている場合、新しいエントリに定義済みの値を設定する必要があります。 これらの値を直接入力するか、式ビルダーを使って動的に値を設定することができます。 必要であれば、必須項目以外の値を設定することもできます。

有効なオブジェクトを選択し、作成されたエントリに初期値を入力します。

追加情報