Documentation

構成モデルリスナーリファレンス

独自の構成 でモデルリスナーを使用し、イベントをリッスンし、それに応じてコードを実行します。 モデルリスナーの作成は、わずか3ステップで完了します。

  • ConfigurationModelListener インターフェースを実装します。

  • 次の@Component アノテーションでリスナーを登録します。 service = ConfigurationModelListener.class

  • リスナーがトリガーされた際の動作についてのカスタムロジックを追加します。

Liferayの PasswordPoliciesConfigurationModelListener におけるリスナーの実装をご参照ください。

以下の点に注意してください。

  • 構成モデルのリスナーは、システム、インスタンス、およびサイト設定の構成変更時にトリガーされ、検証されます。

  • 構成モデルリスナーは、サーバーがすでに起動され、その時点でリスナーが登録されるように構成ファイルをデプロイする際にトリガーされます。

  • 構成モデルリスナーは、立ち上げ 前に インスタンスにデプロイされた構成ファイルに対して、トリガーされないようにしました。

モデルリスナーの詳細については、 モデルリスナーの作成 を参照してください。