Documentation

発送の概要

注文の処理の一環として、最初に 注文 メニューで出荷を作成します。 注文が処理されると、注文処理を完了するために 出荷 メニューにリダイレクトされます。

注釈

1つの発送に複数の注文が含まれる場合がありますが、すべての注文は同じアカウントで作成する必要があります。

グローバルアプリケーション メニュー → [コマース] → [注文] に移動します。 出荷準備が完了している注文を選択し、 [Create Shipment] ボタンをクリックします。

[出荷]メニュー

これにより、ユーザーは自動的に発送メニューに移動して、注文の処理を完了します。 [Processing]、[Ready to Ship]、[Shipped]、[Delivered]の4つの段階があります。

処理中

すべてのアイテムと調達倉庫が選択されると、注文は出荷可能です。 ここでは、[carrier]、[tracking number]、[estimated delivery date]などの詳細を表示できます。

[出荷]メニュー - 処理完了

出荷可能

Ship] ボタンをクリックすると、注文の処理が進みます。

[出荷]メニュー-出荷可能

出荷済み

注文が出荷され、配達の確認を待つと、注文は出荷済みフェーズになります。 配送が完了したら、 [Deliver] クリックします。

[出荷]メニュー-出荷済み

配信済み

配送が確認されると、 [Delivered] タブは各フェーズを緑色で完了としてマークします。

[出荷]メニュー-出荷済み

完了

配送が確認されると、配送プロセスは配送済みとしてマークされ、注文は完了としてマークされます。

[出荷]メニュー-出荷可能

特定の機能とフィールドの詳細は、出荷管理リファレンスガイドを参照してください。

Liferay Commerce 2.1以前

Commerce 2.1は、 [コントロールパネル] から 注文 メニューにアクセスすることを除いては、最新バージョンとほぼ同じです。 出荷準備が完了している注文を選択し、 [出荷を作成] ボタンをクリックします。

特定の機能とフィールドの詳細は、 出荷管理リファレンスガイド を参照してください。

Liferay Commerce 2.0以前

Shipments] メニューでは、 注文を受け取った 後、ストアマネージャーが出荷を作成および追跡できます。

コントロールパネル] → [コマース] → [Shipments] に移動します。

[出荷]メニュー

Shipments] メニューでは、作成されたすべての出荷をすべてのステータスで表示します。 追加(add-icon)ボタンをクリックして、新しい出荷を追加します。

特定の出荷番号をクリックすると(たとえば、 41250)、その出荷の [Details] タブと [Items] タブが表示されます。 (注文番号41241)をクリックすると 注文 メニューにリダイレクトされます。)

詳細

出荷明細] タブには次の情報が含まれます。

[出荷明細]メニュー

Field

Description

名前

購入者の名前

説明

説明フィールド

番地

配送先住所の最初の行

以降の番地

配送先住所の2行目

建物名/部屋番号等

配送先住所の3行目

市区町村

配送先住所の都市

郵便番号

配送先住所の郵便番号

配送先住所の国

地域(都道府県)

配送先住所の州または県

配送業者

運送業者の名前

追跡番号

運送業者 によって生成された出荷の追跡番号

出荷状況

オプション [処理中] 、 [出荷準備完了] 、 [出荷済み] 、 [配送済み] を含むドロップダウンメニュー

出荷日

荷物が運送業者に引き渡された日付

配達予定日

荷物の到着予定日

商品

配送商品] タブには次の情報が含まれます。

[配送商品]タブ

項目

説明

SKU

SKU番号

名前

アイテムの名前

数量

出荷するアイテムの数

倉庫

出荷元の倉庫の名前

さらに、(+) Add Shipmentボタンをクリックすると、注文にさらにアイテムを追加するためのウィンドウが開きます。