Documentation

サービススタックのバージョンについて

Liferay Cloudのサービススタックは、お客様のLiferay Cloud環境のすべてのサービスのメジャーバージョンを表しています。 個々のサービスのマイナーバージョンは異なるかもしれませんが、すべてのサービスはサービススタックのバージョンを共有しています(例:バージョン4.x.x)。 サービススタックの新バージョンでは、一般的にさまざまな新機能が導入されています(たとえば、 バージョン4.x.xのでは、デフォルトのJenkinsfileが追加され、新しいリポジトリ構造が採用されています)。

Liferay Cloudのサービススタック自体のバージョンは、お客様のサービスのDockerイメージのメジャーバージョンで示されます。 このバージョンは、Dockerイメージ名に表示される最後の数字です。

例えば、 liferay サービスのDockerイメージ名をご覧ください。

liferaycloud/liferay-dxp:7.2.10-sp1-fp4-3.0.21

このイメージのバージョンは 3.0.21です。 これは、この環境のサービススタックのバージョンが3.x.xであることを示しています。

どのLiferay Cloud環境でも、そのサービスのDockerイメージのバージョンが様々な場所に表示されます。 環境の 概要 または サービス ページや各サービスのページなど、これらの場所で表示されるイメージ名の最後にある数字を調べることで、環境のサービス スタック バージョンを確認することができます。

環境にナビゲートして最初に表示されるのは、サービスのバージョンを示す1ページです。

リポジトリからサービススタックのバージョンを確認する

Dockerイメージのバージョンは、サービススタックが4.x.xにアップグレードされているかどうかに応じて、異なる場所に定義されています。 そのため、各バージョンごとに異なる場所を確認する必要があります。 4.x.xにアップグレードする前と後での違いについては、 バージョン4におけるLiferay Cloudプロジェクトの変更を参照してください。

4.x.xへのアップグレード前の確認事項

リポジトリのバージョンが3.x.x以下の場合、リポジトリのルートには、各サービスのバージョンを定義した gradle.properties という記事があります。 このファイルを開き、Dockerイメージのバージョンを特定するために、これらのプロパティを確認します。

liferay.workspace.lcp.backup.image=liferaycloud/backup:3.2.1
liferay.workspace.lcp.database.image=liferaycloud/database:3.2.1
liferay.workspace.lcp.search.image=liferaycloud/elasticsearch:6.1.4-3.0.3
liferay.workspace.lcp.liferay.image=liferaycloud/liferay-dxp:7.2.10-ga1-3.0.10
liferay.workspace.lcp.webserver.image=liferaycloud/nginx:1.14.2-3.1.1
liferay.workspace.lcp.jenkins.image=liferaycloud/jenkins:2.176.1-3.1.1

上記の例では、各サービスの名前の末尾が 3.x.xとなっており、サービススタックのバージョンが3.x.xであることを示しています。

4.x.xへのアップグレード後の確認事項

リポジトリがバージョン 4.x.x にアップグレードされている場合、各サービスのバージョンは、各サービスの image プロパティ、各サービスの LCP.json ファイル内で定義されます。 それぞれのファイルは、サービス名のついたフォルダ内に格納されています。

例えば、LCP.json のファイル データベース サービスのセクションを参照:

{
   "kind": "Deployment",
   "id": "database",
   "image": "liferaycloud/database:4.0.0",
}

この例では、 image プロパティの値は、 4.0.0で終わる名前を持っており、サービススタックのバージョンが 4.x.x であることを示しています。

Tip

サービススタックをバージョン 4.x.x にアップグレードすることで、最新の改善点を利用することができます。 アップグレードの手順については、DXPクラウドスタックのアップグレード をご覧ください。

追加情報