Documentation

リモートリーダーデータセンターでのCCRの構成

以下の手順を実行する前に、必要な前提条件の手順を完了していることを確認してください。

このデータセンターは、同じ場所に配置されたElasticsearchクラスターへの読み取り/書き込み接続があるLiferay DXPクラスターノードを保持します。

ここに示す例は、単一のLiferay DXPノードと単一のElasticsearchノードで構成されています。 構成例は、セキュリティ構成の設定を含むCCR設定リファレンスにも記載されています。

リモートリーダーElasticsearchクラスターの構成

このセットアップ例では、最初に設定するElasticsearchクラスターは、CCR固有の設定がない本番環境モードのクラスターです。ローカルのLiferay DXPノードからの読み取りと書き込み、および別のデータセンタにあるLiferay DXPノードからの書き込み要求を受け入れます。

  1. elasticsearch.ymlを構成します。

    [Remote Elasticsearch Home]/config/elasticsearch.yml

    cluster.name: LiferayElasticsearchCluster_LEADER
    node.name: es-leader-node-1
    
    http.port: 9200
    transport.port: 9300
    
    xpack.security.enabled: true
    
    ### TLS/SSL settings for Transport layer
    xpack.security.transport.ssl.enabled: true
    xpack.security.transport.ssl.keystore.path: certs/elastic-nodes.p12
    xpack.security.transport.ssl.keystore.password: liferay
    xpack.security.transport.ssl.truststore.path: certs/elastic-nodes.p12
    xpack.security.transport.ssl.truststore.password: liferay
    xpack.security.transport.ssl.verification_mode: certificate
    
    ## TLS/SSL settings for HTTP layer
    xpack.security.http.ssl.enabled: true
    xpack.security.http.ssl.keystore.path: certs/elastic-nodes.p12
    xpack.security.http.ssl.keystore.password: liferay
    xpack.security.http.ssl.truststore.path: certs/elastic-nodes.p12
    xpack.security.http.ssl.truststore.password: liferay
    
    # For Kibana
    xpack.monitoring.collection.enabled: true
    

    セキュリティ設定(xpack.security...)を使用するには、パスワードを設定し、ノード証明書を取得する必要があります。 詳しくは、 Elasticsearchの保護 を参照してください。

  2. サーバーを起動します。 サーバーディレクトリのルートにいる場合は、以下を実行します。

    ./bin/elasticssearch
    
  3. 試用段階で、まだ適切なライセンスを持っていない場合は、 Elasticsearchのトライアルライセンス を開始してください。

    POST / **license/start** trial?acknowledge=true
    

    正常にインストールされると、ログに- validメッセージが表示されます。

    [2020-02-26T10:19:36,420][INFO ][o.e.l.LicenseService     ] [es-leader-node-1] license [lf263a315-8da3-41f7-8622-lfd7cc14cae29] mode [trial] - valid
    

リモートLiferay DXPクラスターノードの構成

このセットアップにおけるLiferay DXPノードの1つは、リーダー/リモートElasticsearchサーバーとの間で読み取りと書き込みを行います。

  1. Liferay Home/osgi/configsフォルダに構成ファイルを提供して、Liferay Connector to Elasticsearch 7を設定します。 以下の名前を付けます

    com.liferay.portal.search.elasticsearch7.configuration.ElasticsearchConfiguration.config
    
  2. 以下のコンテンツを指定します

    Liferay DXP 7.3の場合:

    productionModeEnabled="true"
    remoteClusterConnectionId="remote"
    logExceptionsOnly="false"
    

    Liferay DXP 7.2の場合:

    clusterName="LiferayElasticsearchCluster_LEADER"
    operationMode="REMOTE"
    transportAddresses=["localhost:9300"]
    logExceptionsOnly="false"
    

    ちなみに

    開発やテストの際には、設定ファイルで logExceptionsOnly="false" を設定しておくと便利です。

  3. リモート接続を設定します。

    Liferay DXP 7.3の場合、com.liferay.portal.search.elasticsearch7.configuration.ElasticsearchConnectionConfiguration-remote.configという名前の構成ファイルをLiferay Home/osgi/configsフォルダに提供します。

    active=B"true"
    connectionId="remote"
    username="elastic"
    password="liferay"
    authenticationEnabled=B"true"
    httpSSLEnabled=B"true"
    networkHostAddresses=["https://localhost:9200"]
    truststorePassword="liferay"
    truststorePath="/PATH/TO/elastic-nodes.p12"
    truststoreType="pkcs12"
    

    重要

    また、ElasticsearchConnectionConfiguration.configの中のremoteClusterConnectionIdの値は、ElasticsearchConnectionConfiguration-remote.configファイルの中のconnectionIdと一致しなければなりません。

    Liferay DXP 7.2の場合、 com.liferay.portal.search.elasticsearch7.configuration.XPackSecurityConfiguration.config という名前の設定ファイルに以下の内容を記述して、接続を保護します。

    certificateFormat="PKCS#12"
    sslKeystorePath="/PATH/TO/elastic-nodes.p12"
    sslKeystorePassword="liferay"
    sslTruststorePath="/PATH/TO/elastic-nodes.p12"
    sslTruststorePassword="liferay"
    requiresAuthentication=B"true"
    username="elastic"
    password="liferay"
    transportSSLVerificationMode="certificate"
    transportSSLEnabled=B"true"
    
  4. これらの.configファイルは同じリモート(書き込み)接続を使用するため、各フォロワーDXPノードにコピーします。 読み取り専用のフォロワー接続は、Configuring CCR in a Local/Follower Data Centerで別途設定します。

  5. Liferay DXPサーバーを起動します。

    重要

    DXPを新規にインストールして設定する場合、コントロールパネルの > 設定 > 検索 の Index Actions タブで、スペルチェックのインデックスを再作成するようにしてください。

Kibanaがリモート/リーダーのElasticsearchクラスタに接続されている場合、Management → Index Managementにナビゲートして、利用可能なLiferayインデックスを確認します。

Kibana 7のリーダーインデックスを調べます。

リモート/リーダーElasticsearchサーバーを含むデータセンターが稼働すると、ローカル/フォロワーデータセンターをセットアップする準備が整います。