Documentation

サイドカーまたはEmbedded モードのElasticsearchの使用

ZIPファイルまたはDockerイメージを介してインストールされたLiferay Tomcatバンドルには、Liferayで始まるElasticsearchノードが含まれています。 Liferay 7.3+ と 7.4+ のノードはサイドカーサーバーとして別のJVMで動作し、Liferay 7.2 のノードはLiferayサーバーに埋め込まれています。

Elasticsearchサーバーには、次のURLからアクセスできます。

サイドカーサーバーの出力例は次のとおりです。

{
  "name" : "liferay",
  "cluster_name" : "LiferayElasticsearchCluster",
  "cluster_uuid" : "_lcJyLZXQ2WY5No5oW8edg",
  "version" : {
    "number" : "7.17.0",
    "build_flavor" : "unknown",
    "build_type" : "unknown",
    "build_hash" : "bee86328705acaa9a6daede7140defd4d9ec56bd",
    "build_date" : "2022-01-28T08:36:04.875279988Z",
    "build_snapshot" : false,
    "lucene_version" : "8.11.1",
    "minimum_wire_compatibility_version" : "6.8.0",
    "minimum_index_compatibility_version" : "6.0.0-beta1"
  },
  "tagline" : "You Know, for Search"
}

バンドルされているElasticsearchサーバーは開発とテストには便利ですが、どちらも本番環境には適していません。

注釈

本番環境でサポートされている構成ではありませんが、KibanaをインストールしてバンドルされているElasticsearchサーバーを監視することは、開発やテストの際に役立ちます。

  • Liferay 7.3では、 KibanaがビルトしたOSSのみ をインストールします。

  • Liferay DXP 7.4 U17以降とLiferay Portal 7.4 GA17以降では、無料版の Kibana をインストールしてください。

HSQLのような組み込みデータベースを本番環境で実行したり、バンドルされたElasticsearchサーバーを本番環境で実行したりしないでください。 代わりに、Elasticsearchをスタンドアロンサーバーまたはサーバーノードのクラスターとしてリモートモードで実行します。

重要

検索の調整アプリの 同義語セット結果ランキング は、Liferay 7.2 と 7.3 で主要データストレージとして検索インデックスを使用しました。 これらのアプリのデータは、Liferayのデータベースには保存されていません。 そのため、Liferay 7.2や7.3でサイドカーやEmbedded モードのElasticsearchを使用中に同義語セットや結果ランキングを設定した場合、リモートElasticsearchサーバーに切り替えて再インデックス化しても、それらの設定は復元 されません 。 その代わり、同義語セットと結果ランキングをリモートのElasticsearchクラスタに手動で取り込む必要があります。 Elasticの スナップショットと復元 機能を使ってこれらのインデックスを保持する方法については、アップグレードガイドで詳細を確認してください。

バンドルされているElasticsearchサーバーのユースケース

デフォルトのElasticsearchサーバー(サイドカーおよびEmbedded)の一般的な使用法は次のとおりです。

  • カスタムの 検索機能とインデックスコード のテスト

  • Kibanaを介してElasticsearchで直接クエリを実行して検索クエリを開発する

  • 検索の調整機能のテスト

  • 検索ウィジェットの調査と設定

アプリサーバーの違い

Liferay 7.4 (DXP、Portal)、Liferay DXP 7.3、Liferay Portal 7.3 GA4+ では、Elasticsearch サイドカーサーバーが Tomcat バンドルと Docker イメージに同梱されています。 Liferay WARをサポートされているアプリケーションサーバーにインストールする場合、いくつかの重要な違いがあります。

注釈

下表において、_7.3+_という表記は、Liferay 7.4 (DXP、Portal)を含んでいます。

Liferay DXPのフレーバー

デフォルトのElasticsearch

事前インストール

手動による介入が必要

Tomcatバンドル:7.3以降

サイドカー

Tomcat:7.3以降

サイドカー

✘ (自動ダウンロードされました)

Docker: 7.3以降

サイドカー

JBoss:7.3以降

サイドカー

✘ (自動ダウンロードされました)

Wildfly:7.3以降

サイドカー

✘ (自動ダウンロードされました)

WebSphere:7.3以降

サイドカー

Weblogic:7.3以降

サイドカー

すべてのフレーバー:7.2/7.3 GA3-

埋め込み

Tomcat以外のアプリケーションサーバーのバンドルをダウンロードした場合、サーバーを起動すると、Elasticsearchディストリビューションがオンザフライでダウンロードされ、サイドカーサーバーとして起動されます。

WebSphereおよびWeblogicアプリケーションサーバーへの Liferayのインストール手順には、サイドカーサーバーを初期化するために必要な Elasticsearchアーカイブを手動で提供する手順が含まれています。

重要

バンドルされているElasticsearchサーバは、開発およびテスト目的に有用であり、本番環境では使用しないでください。 リモート検索エンジンのインストールについては、Elasticsearchのインストールをご参照ください。

Embeddedとサイドカーの比較

ElasticsearchサーバーのEmbeddedモードとサイドカーモードの比較を次に示します。

Embedded

サイドカー

安全な接続を構成できません

安全な接続を構成できません

ElasticsearchのOSSバージョンを使用します

Liferay 7.3は、OSSバージョンのElasticsearchを使用し、
Liferay DXP 7.4 U17とLiferay Portal 7.4 GA17ではOSS Elasticsearchを使用しなくなりました。

http://localhost:9200で実行します

http://localhost:9201で実行します

すべてのLiferayディストリビューションに事前インストールされています

常に事前インストールされているわけではありません

本番環境ではサポートされていません

本番環境ではサポートされていません

アプリサーバーに特別な手順は必要ありません

一部のアプリサーバー では追加の手順が必要です