Documentation

アカウントでワークフローを使用する

利用可能な Liferay 7.4 U49+/GA49+

アカウントはLiferayのワークフローエンジン と完全に統合されているので、アカウント作成時の承認プロセスを有効にすることができます。

Accounts のワークフローを有効にするには、次のようにします。

  1. グローバルメニュー(Global Menu) を開き、 アプリケーション タブ → プロセスビルダー を開きます。

  2. 設定 タブを開き、 アカウント入力の編集 をクリックします。

  3. ドロップダウンメニューを使用して、 ワークフローを選択します .

    カスタムワークフローの設計については、 ワークフローデザイナーの概要 を参照してください。

    ドロップダウンメニューで、ワークフローを選択します。

  4. [保存] をクリックします。

ワークフローがアクティブになりました。 新規アカウントは、有効化される前に定められた承認プロセスを経る必要があります。

アカウント作成時 、ステータスが「保留」に設定され、レビュアーに通知される。

新しいアカウントは、指定された審査担当者に通知されます。

レビュー担当者は、保留中のアカウントを承認または拒否することができます。 レビュープロセスの詳細については、 資産のレビュー を参照してください。

レビュアーは、アカウントを承認または拒否することができます。

追加情報