Documentation

外部サービスの構成

Liferayは、ファイルの変換やファイルのプレビューを生成するための外部サービスとの統合を提供します。 これらのうち3つのサービスは、サーバー管理の設定で有効にすることができます。 ImageMagickGhostscript 、および Xuggler です。

重要

Liferay 7.3.xでは、Xugglerの統合は非推奨となっています。 ユーザーはLiferayのFFmpegインテグレーションを代替として使用することをお勧めします。 詳しくは FFmpeg for Audio and Video Previewsを有効にする をご覧ください。

[外部サービス]タブからImageMagick、Ghostscript、およびXugglerを有効にします。

各外部サービスをLiferayインスタンスで有効にするには、サーバーにインストールする必要があります。 Liferay DXPでは古いバージョンが正しく動作しない可能性があるため、サービスをインストールするときは、オペレーティングシステムに最新の安定バージョンを使用してください。

これらのサービスをインストールしたら、コントロールパネルの[サーバー管理]ページでLiferayインスタンスがこれらのサービスを使用するように設定します。

注釈

Liferay 7.1では、OpenOffice/LibreOfficeは、サーバー管理やポータルのプロパティではなく、OSGi Configuration Adminで設定されます。 詳しくは OpenOffice/LibreOfficeの統合を可能にする をご覧ください。

ImageMagickとGhostscriptを有効にする

デフォルトでは、ドキュメントやメディアは使用しています PDFBox プレビューを生成します。 ImageMagickの 及び のGhostscript 高速かつ高品質のプレビューやコンバージョン提供し、複数の画像ファイルの種類をサポートします。 動作させるには、両方のサービスを一緒にインストールして有効にする必要があります。

注釈

お使いのOSによっては、これらのサービスがすでにインストールされている場合があります。 Linuxをお使いの方は、すでに両方ともインストールされていると思います。 ただし、Windowsにはインストールされていない可能性が高く、macOSにはインストールされている可能性があります。

ImageMagickとGhostscriptの両方がサーバーにインストールされたら、以下の手順でLiferayインスタンスのこれらのサービスを有効にします。

  1. グローバルメニューGlobal Menu)を開き、 [コントロールパネル] → コンフィギュ → [サーバの管理] へ行きます。

  2. 外部サービス] タブをクリックします。

  3. ImageMagickとGhostscriptの 有効 をチェックします。

  4. ImageMagickおよびGhostscript実行可能ファイルへのパスが正しいことを確認します。

  5. リソース制限を構成します。

  6. 完了したら、 [保存] をクリックします。

Xugglerを有効にする

デフォルトでは、[ドキュメントとメディア]では、オーディオファイルやビデオファイルのプレビューは生成されません。 LiferayのXuggler統合を使用して、これらのファイルを変換し、プレビューを生成することができます。 Xugglerがまだサーバーにインストールされていない場合は、[サーバー管理]の[外部サービス]タブからXugglerをインストールできます。

ちなみに

Xugglerは、Linuxではglibcバージョン2.6以降が必要です。

以下の手順で、LiferayインスタンスにXugglerをインストールして有効にします。

  1. グローバルメニュー](Global Menu)を開き、 [コントロールパネル] → [設定] → [サーバの管理] へ行きます。

  2. 外部サービス] タブをクリックします。

  3. Xugglerの*有効化をチェックします。

    Xugglerがまだインストールされていない場合は、インストールするように促されます。 OSに適したJARを選択し、 [インストール] をクリックします。 その後、サーバーを再起動すると変更が反映されます。 インストールが完了したら、 [外部サービス] タブに戻り、Xugglerを有効にすることができます。

    Xugglerがインストールされていない場合は、インストールするように促されます。

1

保存] をクリックします。

portal-ext.properties ファイルを使用して外部サービスを有効にする。

コントロールパネルに加えて、portal-ext.properties ファイルを使用してこれらの外部サービスを有効にできます。

ImageMagickとGhostscriptを有効にする

portal-ext.propertiesを使用してImageMagickとGhostscriptを有効にするには、 imagemagick.enabledimagemagick.global.search.path プロパティをファイルに追加してください。 検索パスがImageMagickとGhostscriptの実行ファイルのあるディレクトリを指していることを確認してください。 macOSまたはUnix環境でGhostscriptが使用するフォントのパスを構成する必要がある場合もあります。

imagemagick.enabled=true
imagemagick.global.search.path[apple]=/opt/local/bin:/opt/local/share/ghostscript/fonts:/opt/local/share/fonts/urw-fonts
imagemagick.global.search.path[unix]=/usr/local/bin:/usr/local/share/ghostscript/fonts:/usr/local/share/fonts/urw-fonts
imagemagick.global.search.path[windows]=C:\\Program Files\\ImageMagick

Xugglerを有効にする

portal-ext.properties ファイルを使用してXugglerを有効にするには、そのファイルに以下のコードを追加します。

xuggler.enabled=true

アプリケーションサーバーを再起動して、Xugglerの有効化を完了します。