Documentation

サイトページとコンテンツのエクスポート/インポート

Liferay Sites には、サイトデータを Liferay Archive (LAR) ファイルとして抽出・転送するための Export/Import アプリケーションが含まれています。 これらのツールは、サイトレベルでアクセスすることができます。

注釈

また、個々のサイトアプリケーションやページウィジェットのエクスポート/インポート機能にアクセスすることが可能です。

サイトLARのプロパティと要件

LARにはこのようなプロパティと要件があります。

  • LARはバージョンによって異なります。 それぞれのサーバーのLiferayのバージョンが同じであれば、別のLiferayサーバーのSiteにインポートすることができます。

  • 一部の命名の衝突は自動的に処理されます。 たとえば、インポート先のLARとサイトの両方に同じフレンドリーURLのページがある場合、フレンドリーURLに数字が付加され、競合が発生しなくなるまで数字が増加されます。 カテゴリー名についても同様です。

  • LARを使用してサイトを復元することはできますが、サイトを完全に削除してから、LARをインポートするために同じ名前で新しいサイトを作成する必要があります。 これにより、LARと本サイトの両方に存在するコンテンツの間でデータが衝突する可能性を回避できます。

重要

定期的にLARをエクスポートすることは、バックアップソリューションではありません; 2つの環境間でデータを移行するためにのみ使用されるべきです。 Liferayインストールのバックアップについては、Liferay Portalインストールのバックアップ を参照してください。

サイトのページとコンテンツをエクスポートする

以下の手順で、サイトページとコンテンツをエクスポートします。

  1. サイトメニュー(Site Menu) を開き、 パブリッシング を展開し、 エクスポート をクリックします。

  2. 追加 ボタン (Add Button) をクリックし、新しいエクスポートプロセスを作成します。

    エクスポートテンプレートを開きます。

    エクスポートテンプレートの名前と設定を行います。

  3. エクスポートプロセスのタイトルを入力します。

  4. エクスポートしたいサイトページとコンテンツを選択して、エクスポートプロセスを設定します。

    Pages では、どのページとページセットをエクスポートに含めるかを選択することができます。 また、「テーマ設定」「ロゴ」「サイトページ設定」「サイトテンプレート設定」が含まれるかどうかも判断できます。

    コンテンツ の下で、エクスポートに含めるアプリケーションを選択することができます。 また、選択したアプリケーションのすべてのデータをエクスポートするか、含まれるアプリケーションのデータを日付または時間でフィルタリングするかを決定することができます。

    権限 の下で、ページとコンテンツの権限をエクスポートに含めるかどうかを決定します。

  5. Export をクリックすると、エクスポート処理が開始されます。

終了後、 Download ボタン(Download Button)をクリックし、生成された LAR ファイルをダウンロードします。 これで、LARを別のLiferay Siteにインポートすることができます。

LARファイルをダウンロードしてください。

注釈

生成されたLARには、エクスポート設定時に選択されたすべてのデータが含まれます。 個人情報や機密情報が含まれる場合は、LARファイルが安全な場所に保管されていることを確認してください。

サイトのページとコンテンツをインポートする

重要

エクスポートされたサイトがテンプレートを使用している場合、サイトをインポートする前に、まずサイトテンプレートをLiferayのインストールにエクスポートし、インポートする必要があります。 詳しくは、サイトテンプレートのエクスポートとインポートをご覧ください。

以下の手順で、サイトページとコンテンツをインポートします。

  1. サイトメニュー(Site Menu) を開き、 パブリッシング を展開し、 インポート をクリックします。

  2. 追加 ボタン (Add Button) をクリックし、新しいインポートプロセスを作成します。

  3. 希望のLARファイルを追加して、 Continue をクリックします。

    LARファイルを追加し、 [続ける]をクリックします。

  4. インポートプロセスを確認し、設定する。

  5. インポート をクリックすると、インポートが開始されます。

    設定し、インポート処理を開始します。

テンプレートのエクスポートの作成

サイトページのコンテンツをエクスポートするたびにエクスポートプロセスを手動で作成する代わりに、エクスポートテンプレートを作成してエクスポート設定を保存し、再利用することができます。 エクスポートテンプレートを作成するには、以下の手順で行います。

  1. サイトメニュー(Site Menu) を開き、 パブリッシング を展開し、 エクスポート をクリックします。

  2. アプリケーションバーの「アクション」 ボタン Actions Button をクリックし、「テンプレートのエクスポート」 を選択します。

    アプリケーションバーの「アクション」ボタンをクリックし、「テンプレートのエクスポート」を選択します。

  3. 追加 ボタン(Add Button)をクリックします。

  4. エクスポートテンプレートの名前と設定を行います。

  5. 保存] をクリックします。

新しいエクスポートプロセスを作成する際に、テンプレートを選択できるようになりました

エクスポート/インポートプロセスを設定する

Liferay は、エクスポート/インポート処理を構成するための設定と、ステージング固有の機能を提供します。 これらの設定は、ステージングとサイトテンプレートの伝搬に影響します。

設定

Description

すべてのアセットリンクを含める

チェックした場合、指定された日付範囲内のサイトからのすべてのアセットリンクが含まれます。 チェックを外すと、コンテンツに接続されたアセットリンクのみが含まれます。

個々の削除をデフォルトで反映する

チェックした場合、コンテンツ タイプに対して実行された削除操作は、デフォルトで常にターゲット サイトに複製されます。

デフォルトで権限を公開する

チェックした場合、エクスポートされたページと個々のポートレットウィンドウに割り当てられたパーミッションは、デフォルトで常に含まれます。

ファイルエントリの検証

チェックした場合、テキストを含むコンテンツタイプを公開またはインポートすると、Liferayはコンテンツからドキュメントへのリンクをチェックし、それらが有効なドキュメントを指していることを確認します。

Journal Feedの参照を検証する

チェックした場合、テキストを含むコンテンツタイプを公開またはインポートすると、LiferayはWebコンテンツフィードへの参照をチェックし、それらが有効なフィードを指していることを確認します。

レイアウトの参照を検証します。

チェックした場合、テキストを含むコンテンツタイプを公開またはインポートすると、Liferayはポータルのバーチャルホストの1つへのリンクをチェックし、それらが有効なLiferayのページを指していることを確認するようになります。 バーチャルホストにLiferayにないページがある場合はチェックを外してください。

欠落している参照を検証します。

チェックした場合、パブリッシングとインポート処理で、Liferayは参照先が見つからないかどうかをチェックします。 チェックをはずすと、欠落している参照の検証はスキップされます。 その結果、既存のターゲットがないリファレンスでも、ターゲットサイトへの公開やインポートが可能になりました。

追加情報