Documentation

フラグメント設定フィールドのローカライズ

対応可能:Liferay DXP/Portal 7.4以降

Liferayフラグメントを使用する場合、ターゲットオーディエンスの言語に一致するように次のフラグメント設定フィールドをローカライズできます。

画像の説明のローカライズ

組み込みフラグメントおよびカスタムフラグメントの画像の説明(代替テキスト または alt text とも呼ばれます)のローカライズをさまざまな言語で追加できます。 エディタツールバー(A)の言語セレクタを使ってコンテントページのターゲット言語を変更すると、画像の説明を編集して、ターゲット言語用のテキストを適応させることができます(B)。

コンテントページエディタで画像の説明をローカライズすることができます。

ちなみに

ローカライズ可能なフィールドには、その画像の説明の横にフラグのアイコンが表示されます。

画像の説明文に翻訳がない場合、説明文にはデフォルトのコンテントページの言語が表示されます。

編集可能なURLのローカライズ

コンテントページ内のURLやリンクをローカライズすると、ターゲット言語に応じて、異なるURLやコンテンツにリダイレクトすることができます。 エディターツールバー(A)の言語セレクターを使ってコンテントページのターゲット言語を変更すると、URLを任意のリンクに更新することができます(B)。

コンテントページエディタでリンクをローカライズすることができます。

手動で入力したリンクや、コンテンツ項目からのリンクをローカライズすることができます。 リンクに翻訳がない場合、アクティブなURLは、デフォルトのコンテントページの言語のものになります。 <!--TASK: explain.