Documentation

マスターページテンプレート

対応可能:Liferay DXP/Portal 7.3以降

マスターページテンプレートは、フラグメントを使用してすべてのページに共通の要素(以前はテーマによって提供されていたヘッダーやフッターなど)を定義する方法を提供するため、プラグインをデプロイせずにポータルでそれらを簡単に維持および管理できます。 サイト全体で同じマスターページテンプレートを使用するか、ページごとに固有のテンプレートを作成できます。 各ページとページテンプレートには、マスターページテンプレートが関連付けられている必要があります。 デフォルトでは、これは空白のマスターであり、共通の要素はありません。

空白のマスターページテンプレートは、ページとページテンプレートのデフォルトです。

マスターページテンプレートの作成

マスターページテンプレートの作成は、コンテントページの作成プロセスと似ています。 マスターページテンプレートには、コンテントページなどのページフラグメントをいくつでも含めることができます。 ただし、マスターページテンプレートは、ページフラグメントを配置できる場所を指定する ドロップゾーン と呼ばれる1つのキーエリアが定義されている点が異なります。 このエリアは削除できませんが、ページレイアウトのどこかに配置することは可能です。 ドロップゾーンに追加できるページフラグメントを定義することもできます。 マスターページテンプレートの一般的な使用例は、ヘッダー、フッター、およびドロップゾーンを持つことです。 詳しくは、 マスターページテンプレートの作成 を参照してください。

マスターページテンプレートの一般的な使用例には、ヘッダー、ドロップゾーン、およびフッターがあります。