Documentation

ページテンプレートのエクスポートとインポート

コードエディタでテンプレートを編集する方が簡単な場合があります。 ページテンプレートを作成したら、それをエクスポートし、好きなエディターでローカルで編集してから、テンプレートをLiferayにインポートして戻すことができます。 テンプレートは、システム上の任意のサイトにインポートできます。

エクスポート/インポートフレームワークのより一般的な情報については、 サイトとコンテンツのインポート/エクスポートを参照してください。

注釈

Liferay DXP 7.4以降の場合、ページテンプレートコレクションは、Liferay UIではページテンプレートセットと呼ばれます。

ページテンプレートのエクスポート

ページテンプレートを作成するには、次の手順に従います。

  1. サイトメニュー(Site Menu) を開き、 [Design] → [Page Templates] に移動します。

  2. Page Templates] タブをクリックします。

  3. 目的のテンプレートを含むページテンプレートセットを選択します。

  4. 目的のページテンプレートの アクション ボタン (Actions Button)をクリックし、 [Export] を選択します。

    [エクスポート]をクリックして、ページテンプレートをZipとしてエクスポートします。

  5. 確認ウィンドウで [OK] をクリックします。

ページテンプレートは、ZIPファイルとしてローカルマシンにダウンロードされます。

ちなみに

一度に複数のコンテンツテンプレートをエクスポートできます。 ただし、同じZIPファイルにコンテントページとウィジェットテンプレートを含めることはできません。

ページテンプレートの最後に公開されたバージョンが常にエクスポートされます。 ページテンプレートが公開されたことがない場合、エクスポートすることはできません。

エクスポートされたZIPファイルには次のファイルが含まれています。

  • page-template-collection.json:ページテンプレートが保存されているセットの名前とその他のメタデータが含まれています

  • オプションのサムネイルファイル

  • page-template.json:ページテンプレート名とその他のメタデータが含まれています

  • page-definition.json:ページテンプレートのストラクチャーとコンテンツを指定します。

ZIPファイルには、 display-page-template.json, master-page.json, page-template-collection.json , page-template.jsonというように異なるタイプのページテンプレートも含まれる場合があります。

ページテンプレートのインポート

ページテンプレートをインポートするには、次の手順に従います。

  1. サイトメニュー(Site Menu) を開き、 [デザイン] → [ページテンプレート] に移動します。

  2. アプリケーションバーの アクション ボタン(Actions Button)をクリックし、 [Import] を選択します。

    インポート機能は右上のオプションメニューにあります。

  3. 目的のページテンプレートファイルを選択します。

  4. Import] をクリックします。

    ページテンプレートはZIPファイルとしてインポートされます。

  5. インポート] ウィンドウを閉じます。

ページテンプレートがサイトにインポートされました。