Documentation

通知テンプレートの作成

利用可能な Liferay 7.4 U46+/GA46+

Notification Templatesを使用すると、Liferayサービスの自動メール通知を設計することができます。 各テンプレートは、送信者、受信者、メッセージの内容を特定します。 テンプレートのデザイン中に、サポートされているエンティティを検索し、そのデータをメールに動的に挿入するフィールド参照を追加することができます。

現在、通知テンプレートは、 オブジェクトアクションにのみ対応しています。 しかし、Commerce Channels には、チャネルイベント用の通知テンプレート機能が組み込まれています。 詳しくは、 メールを保存 をご覧ください。

重要

メール通知を使用するには、インスタンスに[メールサーバー](../../installation and-upgrades/setting-up-liferay/configuring-mail.md) が設定されている必要があります。 一度設定すると、インスタンスレベルで追加のメール通知設定にアクセスすることが可能です。

以下の手順に従って、Object アクションの通知テンプレートを作成します。

  1. グローバルメニュー(Global Menu) を開き、 コントロールパネル タブを開き、 通知テンプレート をクリックします。

  2. 追加 ボタン(Add Button)をクリックします。

    テンプレートを設計する際に、Objectフィールド参照を使用して、通知メールに入力データを動的に入力することができます。 そのためには、 用語の定義 セクションにアクセスし、 エンティティ ドロップダウンメニューを使用して、必要なオブジェクト定義を選択します。 次に、フィールドリファレンスをコピーして、目的のテンプレートフィールドに貼り付けます。

    サポートされているエンティティフィールドを検索し、参照を追加します。

    オブジェクトの通知アクションに直接関与するエントリのフィールドのみを参照できることを忘れないでください。

  3. 基本情報」セクションに、 名前説明 を入力します。

    基本情報」の下に、名前と説明を入力します。

  4. 設定」セクションで、メール 送信者受信者 の連絡先情報を入力します。

    複数の受信者を追加する場合は、メールアドレスをカンマで区切ってください(例: test@liferay.com,test2@liferay.com)。

    設定」で、送信者と受信者の詳細を入力します。

  5. コンテンツ」セクションで、 件名 を入力し、メールの 本文 を作成します。

    コンテンツで、件名を入力し、メールの本文を作成します。

  6. (オプション) オブジェクトの添付フィールドを選択して、電子メール通知にそのアセットを含めます。

    重要

    通知アクションに関与するオブジェクト エントリからのアセットのみを添付することができます。

    メール通知にアセットを含めるために、添付フィールドを選択します。

  7. 保存] をクリックします。

一度作成した通知テンプレートは、Object アクションで使用することができます。 詳しくは、 オブジェクトアクションの定義 をご覧ください。

追加情報