Documentation

動的データリストの概要

重要

動的データリストは、Liferay DXP7.3で非推奨になりました。 アプリビルダーForms Reports で置き換えられました。

動的データリストには、データ定義と呼ばれるフィールドセットから作成されたフォームが表示されます。 データ定義は、フォームのフィールドタイプ(テキスト、ブール値、日付、ラジオボタン、セレクターメニューなど)と、それらのフィールドのラベルと設定で構成されます。 データ定義は、動的データリストのデータモデルとして効果的に機能します。 例えば、カンファレンスの登録用に3つのフィールド(ユーザー名、メールアドレス、Tシャツサイズのドロップダウンリスト)を持つデータ定義を作成することができます。 このデータ定義は、あなたが作成するすべての会議登録フォームに使用することができます。

データリスト付きの会議登録フォームの例

データ定義: フォームのフィールドを定義します。

動的データリスト: データ定義に基づいてフォームを表示します。

1つのデータ定義から1つまたは複数のダイナミックデータリストを作成することができます。 データ定義を共有していても、ダイナミックデータリストごとに入力されたユーザーデータは別々に管理されます。 例えば、上記のデータ定義の例を使って複数のダイナミックデータリストを作成し、ユーザーからのフィードバックを得る必要がある場所に配置することができます。 各ダイナミックデータリストのフォームデータは別々になっているので、ユーザーの入力がどのダイナミックデータリストから来たのかを把握することに悩む必要はありません。

動的データリストは柔軟です。 動的データリストを単純な入力に制限する必要はありません。 不動産リストのデータ入力システム全体、またはその他の単純なリストベースのアプリケーションのように複雑なものを作成できます。

データ定義と動的データリストは、サイトメニューのコンテンツ → 動的データリストアプリケーションから作成します。 データ定義やリストの作成には、コーディングは必要ありません。 しかし、 FreeMarker テンプレート を使って、追加のフォーマットを追加することができます。

次の記事では、データ定義と動的データリストを作成して使用する方法について説明します。

システム設定

[コントロールパネル]→[システム設定]→[コンテンツとデータ]→[動的データリスト]で設定できる項目は、動的データ リスト サービスと動的データリストの2つあります。

動的データリストサービス設定の下:

デフォルト構造の追加: これはデフォルトで有効になっており、いくつかの埋め込みデータ定義をベースデータリストにプリロードします。 ポータルの起動時にロードされたら、これらの定義を[サイトメニュー]→[動的データリスト]アプリケーションから手動で削除する必要があります。 この設定は、仮想インスタンスの最初の開始に適用されます。

動的データリストの設定の下:

変更可能なデフォルト言語: 有効にすると、データ定義のデフォルト言語が変更可能になります。

CSVエクスポート: 動的データリストレコードを警告付きまたは警告なしでCSV形式でエクスポートできるかどうかを選択するか、このオプションを無効にします。 警告の内容は次のとおりです。

警告

このCSVファイルには、ユーザーが入力した内容が含まれています。 スプレッドシートプログラムでCSVファイルを開くのは危険な場合があります。

デフォルトの表示ビュー: テーブルベースのデフォルトビューを使用するか、リストベースのデフォルトビューを使用するかを選択します。