Documentation

フォームストレージアダプターの書き込み

利用可能: LPS-97208 の修正(Liferay DXP 7.2 SP3で計画)を含むLiferay DXP 7.3およびLiferay DXP 7.2バージョン。

デフォルトでは、フォームはLiferay DXPのデータベースにJSONとして保存されます。 この例では、フォームレコードの永続化イベントにカスタムロジックを挿入するために、新しいストレージアダプターを実装する方法を紹介します。

DDMストレージアダプターを使用して、フォームアプリケーションにストレージタイプを追加します。

最初に、 デフォルトのストレージアダプター がフォームレコードをLiferay DXPのデータベースにJSONコンテンツとして保存する方法を確認します。 そして、各フォームレコードをファイルシステムに保存するロジックを追加します。

実行中のDDMストレージアダプターを調べる

ストレージアダプターの動作を確認するために、サンプルをデプロイし、サンプルアダプターを使用していくつかのフォームデータを追加します。

サンプルをデプロイする

新しいLiferay インスタンスを起動し、以下を実行します。

docker run -it -m 8g -p 8080:8080 liferay/portal:7.4.3.29-ga29。

http://localhost:8080でLiferayへのサインインします。 メールアドレス_test@liferay.com_とパスワード_test_を使用してください。 プロンプトが表示されたら、パスワードを _learn_に変更します。

次に、以下の手順に従います。

  1. ダウンロードし、解凍してください the DDM Storage Adapter project .

    curl https://learn.liferay.com/dxp/latest/ja/process-automation/forms/developer-guide/liferay-r2f1.zip -O
    
    unzip liferay-r2f1.zip
    
  2. モジュールのルートから、ビルドおよびデプロイします。

    ./gradlew deploy -Ddeploy.docker.container.id=$(docker ps -lq)
    

    ちなみに

    このコマンドは、デプロイされたjarをDockerコンテナの/opt/liferay/osgi/modulesにコピーするのと同じです。

  3. Liferay Dockerコンテナコンソールでデプロイを確認します。

    STARTED com.acme.r2f1.impl_1.0.0 [1009]
    

デプロイされたストレージアダプターを使用する

  1. ブラウザでhttp://localhost:8080を開きます。

  2. サイトメニューコンテンツ & データフォーム のフォームアプリケーションに移動します。

  3. 追加 ボタン(Add)をクリックして、フォームビルダーを開きます。

  4. [フォームビルダー]ビューで、 オプション ボタン(Options)をクリックし、 [Settings] ウィンドウを開きます。

  5. ストレージの種類を選択する] で、 [R2F1 Dynamic Data Mapping Storage Adapter] タイプを選択し、 [Done] をクリックします。

  6. フォームにテキストフィールドを追加し、フォームを公開して、何度か送信します。

  7. フォームデータが保持されていることを確認するには、フォームのレコードに移動します。

サイトメニュー] → [コンテンツ] → [フォーム] から、フォームの アクション ボタン(Actions)をクリックして、 [エントリの参照] をクリックします。

フォームエントリーが追加されたことを確認します。

  1. さらに、各CRUDメソッドにロギングが提供され、サンプルのメソッドが呼び出されていることが示されています。

    WARN  [http-nio-8080-exec-5][R2F1DDMStorageAdapter:82] Acme storage adapter's save method was invoked
    

拡張ポイントを理解する

この例には、R2F1DDMStorageAdapterという1つのクラスのみが含まれています。これは、フォームエントリーを格納するためのロジックを提供するDDMStorageAdapterを実装しているサービスです。 今のところ、デプロイされた例は、デフォルトのJSON実装JSONDDMStorageAdapterをラップしているだけです。 後で、すでにここにあるコードにファイルシステムのストレージを追加します。

アダプタークラスをOSGiコンテナに登録する

DDMFileSystemStorageAdapterは、DDMStorageAdapterインターフェイスを実装していますが、OSGiサービスとして登録する必要があります。

@Component(
    property = "ddm.storage.adapter.type=r2f1-ddm-storage-adapter",
    service = DDMStorageAdapter.class
)
public class R2F1DDMStorageAdapter implements DDMStorageAdapter {

注釈

r2f1-ddm-storage-adapter キーは、src/main/resources/content/Language.propertiesファイルとbnd.bnd内のProvide-Capabilityヘッダーによって、R2F1 Dynamic Data Mapping Storage Adapterという値にローカライズされます。

serviceコンポーネントプロパティは、実装をDDMStorageAdapterサービスとして登録します。

プロパティddm.storage.adapter.typeは識別子を提供し、サービスが一意のDDMStorageAdapterの実装として登録されるようにします。 他のサービスでも次のように参照できるようになりました。

@Reference(target = "(ddm.storage.adapter.type=r2f1-ddm-storage-adapter)")
private DDMStorageAdapter jsonWrapperDDMStorageAdapter;

DDMStorageAdapterインターフェイスを理解する

このインターフェイスでは、フォームレコードのCRUD操作を処理するために、deletegetsaveの3つのメソッドが必要です(更新ロジックも処理します)。

public DDMStorageAdapterDeleteResponse delete(
        DDMStorageAdapterDeleteRequest ddmStorageAdapterDeleteRequest)
    throws StorageException;
public DDMStorageAdapterGetResponse get(
        DDMStorageAdapterGetRequest ddmStorageAdapterGetRequest)
    throws StorageException;
public DDMStorageAdapterSaveResponse save(
        DDMStorageAdapterSaveRequest ddmStorageAdapterSaveRequest)
    throws StorageException;

各メソッドは、 DDMStorageAdapter[ [保存](https://github.com/liferay/liferay-portal/blob/[$LIFERAY LEARN_PORTAL_GIT_TAG$]/modules/apps/dynamic-data-mapping/dynamic-data-mapping-api/src/main/java/com/liferay/dynamic/data/mapping/storage/DDMStorageAdapterSaveResponse.java) / 取得 / 削除 ]レスポンス_ オブジェクトを返さなければなりません。静的なインナー Builder クラスの newBuilder メソッドを使用して構築されます。

すべてのメソッドにDDMStorageAdapter[Save/Delete/Get]Requestが渡されます。 リクエストオブジェクトには、有用なコンテキスト情報を返すgetterメソッドが含まれています。

ファイルシステムストレージを実装する

この例では、必要なメソッドをすでに上書きしています。 機能性を考慮したプライベートのユーティリティーメソッドを作成し、上書きされたメソッドからそれらを呼び出します。

サービスの依存関係を宣言する

このコードは、OSGiコンテナにデプロイされた2つのサービスに依存しています。 org.osgi.service.component.annotations.Referenceによって提供されるDeclarative Services @Referenceアノテーションを使用して、クラスの最後にこれらの宣言を追加します。

@Reference
private DDMContentLocalService _ddmContentLocalService;

@Reference
private DDMFormValuesSerializerTracker _ddmFormValuesSerializerTracker;

com.liferay.dynamic.data.mapping.service.DDMContentLocalServiceおよびcom.liferay.dynamic.data.mapping.io.DDMFormValuesSerializerTrackerをインポートします。

ロガーを作成する

クラスのロガーを作成し、_log変数に設定します。

private static final Log _log = LogFactoryUtil.getLog(
    R2F1DDMStorageAdapter.class);

これは、CRUDメソッドの1つが呼び出されるたびに、いくつかのログメッセージを追加するために使用されます。

ファイル削除を実装する

  1. プライベート変数 _PATHNAME を設定することで、ファイルの保存先をコントロールすることができます。 ここでのパスは、Dockerコンテナ内のLiferayのインストール場所を指しています。

    private static final String _PATHNAME = "/opt/liferay/form-records";
    
  2. _deleteFileユーティリティメソッドを作成します(java.io.Fileクラスをインポート)。

    private void _deleteFile(long fileId) {
        File file = new File(_PATHNAME + "/" + fileId);
    
        file.delete();
    
        if (_log.isWarnEnabled()) {
         _log.warn("Deleted file with the ID " + fileId);
        }
    }
    
  3. 上書きされた delete メソッドを探します。 return ステートメントの直前に以下を追加します。

     long fileId = ddmStorageAdapterDeleteRequest.getPrimaryKey();
    
     _deleteFile(fileId);
    

これで、このコードは、データベース内のコピーを削除する前に、まずファイルシステムからファイルを削除します。

ファイル取得を実装する

getメソッドと同じ手順で、プライベートのユーティリティメソッドを作成し、それを呼び出します。

  1. _getFileユーティリティメソッドを追加します。

     private void _getFile(long fileId) throws IOException {
         try {
             if (_log.isWarnEnabled()) {
                 _log.warn(
                     "Reading the file with the ID " + fileId + ": " +
                         FileUtil.read(_PATHNAME + "/" + fileId));
             }
         }
         catch (IOException e) {
             throw new IOException(e);
         }
     }
    

    com.liferay.portal.kernel.util.FileUtilおよびjava.io.IOExceptionをインポートします。

  2. 上書きされたgetメソッド(tryブロック内)で、returnステートメントの直前に以下を挿入し、storageIdddmStorageAdapterGetRequest.getPrimaryKey()で取得)をfileIdとして設定し、取得したコンテンツをLiferayのログに出力する_getFileユーティリティメソッドを呼び出します。

    long fileId = ddmStorageAdapterGetRequest.getPrimaryKey();
    
    _getFile(fileId);
    

ファイル作成ロジックを実装する

保存リクエストには、新しいレコードが追加される場合と既存のレコードが更新される場合の2つのタイプがあります。 保存するたびに、現在のddmFormValuesコンテンツを使用して、updateメソッドで既存のファイルを上書きします。

  1. _saveFileユーティリティメソッドを作成します。

    private void _saveFile(long fileId, DDMFormValues formValues)
        throws IOException {
    
        try {
            String serializedDDMFormValues = _serialize(formValues);
    
            File abstractFile = new File(String.valueOf(fileId));
    
            FileUtil.write(
                _PATHNAME, abstractFile.getName(), serializedDDMFormValues);
    
            if (_log.isWarnEnabled()) {
                _log.warn("Saved a file with the ID" + fileId);
            }
        }
        catch (IOException e) {
            throw new IOException(e);
        }
    }
    

    com.liferay.dynamic.data.mapping.storage.DDMFormValuesおよびjava.io.Fileをインポートします。

  2. _serializeユーティリティメソッドを作成し、DDMFormValuesオブジェクトをJSONに変換します。

    private String _serialize(DDMFormValues ddmFormValues) {
        DDMFormValuesSerializer ddmFormValuesSerializer =
            _ddmFormValuesSerializerTracker.getDDMFormValuesSerializer("json");
    
        DDMFormValuesSerializerSerializeRequest.Builder builder =
            DDMFormValuesSerializerSerializeRequest.Builder.newBuilder(
                ddmFormValues);
    
        DDMFormValuesSerializerSerializeResponse
            ddmFormValuesSerializerSerializeResponse =
                ddmFormValuesSerializer.serialize(builder.build());
    
        return ddmFormValuesSerializerSerializeResponse.getContent();
    }
    

    com.liferay.dynamic.data.mapping.io.DDMFormValuesSerializercom.liferay.dynamic.data.mapping.io.DDMFormValuesSerializerSerializeRequest、およびcom.liferay.dynamic.data.mapping.io.DDMFormValuesSerializerSerializeResponseをインポートします。

  3. このロジックと_saveFileへの呼び出しを、既存のreturnステートメントを置き換えてsaveメソッドに追加します。

     DDMStorageAdapterSaveResponse jsonStorageAdapterSaveResponse =
         _jsonStorageAdapter.save(ddmStorageAdapterSaveRequest);
    
     long fileId = jsonStorageAdapterSaveResponse.getPrimaryKey();
    
     _saveFile(fileId, ddmStorageAdapterSaveRequest.getDDMFormValues());
    
     return jsonStorageAdapterSaveResponse;
    

    _jsonStorageAdapter.saveの呼び出しが最初に行われ、新しいフォームエントリー用にプライマリーキーが作成されます。 このプライマリーキーは、fielIdを作成するためにResponseオブジェクトから取得されます。

ストレージアダプターをデプロイしてテストする

先ほどと同じdeployコマンドを使用してストレージアダプターをデプロイします。 モジュールルートから、以下を実行します。

./gradlew deploy -Ddeploy.docker.container.id=$(docker ps -lq)

以下のように動作を確認します。

  1. サイトメニューコンテンツフォーム にあるフォームアプリケーションにアクセスします。

  2. 追加 ボタンAddをクリックして、フォームビルダーを開きます。

  3. [フォームビルダー]ビューで、 オプション ボタン(Options)をクリックし、 [Settings] ウィンドウを開きます。

  4. リストを選択フィールド [ストレージの種類を選択する] から、 [R2F1 Dynamic Data Mapping Storage Adapter] タイプを選択し、 [完了] をクリックします。

  5. フォームにテキストフィールドを追加し、フォームを公開して、何度か送信します。

  6. フォームレコードがコンテナのファイルシステムに書き込まれたことを確認するには、ログを確認します。 以下のようなメッセージが表示されます。

    WARN  [http-nio-8080-exec-5][R2F1DDMStorageAdapter:82] Acme storage adapter's save method was invoked
    WARN  [http-nio-8080-exec-5][R2F1DDMStorageAdapter:134] Saved a file with the ID42088
    WARN  [http-nio-8080-exec-5][R2F1DDMStorageAdapter:61] Acme storage adapter's get method was invoked
    WARN  [http-nio-8080-exec-5][R2F1DDMStorageAdapter:112] Reading the file with the ID 42088: {"availableLanguageIds":["en_US"],"defaultLanguageId":"en_US","fieldValues":[{"instanceId":"EJ5UglA1","name":"Field51665758","value":{"en_US":"Stretched limousine"}}]}
    

まとめ

DDMStorageAdapterを実装することで、フォームレコードを任意のストレージ形式で保存することができます。