Documentation

アップグレードのためのデータベース調整

アップグレードの実行は、本番環境で日常的に実行する場合とは異なる形でデータベースに影響を与えます。 このため、アップグレードプロセスを実行する前にそのプロセス用にデータベースを調整し、アップグレードの完了後に本番環境設定を再適用する必要があります。

注釈

この記事で説明するヒントは、各データベースの特定のバージョンにおけるテスト実行でうまく機能したものです。 最適な調整は、独自のデータ、インフラストラクチャの条件、およびデータベースベンダーによって異なります。 ご自身のデータを分析し、アップグレードを調整し、テストアップグレードの時間を計測して、ご自身のLiferay DXPデータのアップグレードに最適なデータベースとJavaプロセスの構成を決定してください。

データのアップグレード中に実行される更新ステートメントの数は本番環境よりも多くなります。 そのため、データベースをアップグレードするためにデータベースを調整する方法をいくつか次に示します。

  • パフォーマンスに影響を与えるデータ整合性測定を非アクティブにします。 障害が発生した場合はバックアップに復元します。

  • トランザクションログはデータのアップグレードには重要ではないため、無効にするか最小限に抑えます。

  • コミット関連のトランザクションI/O操作を非同期にします。

  • コミットをディスクにフラッシュする間隔を増やします。

警告

一部のデータベースプロパティと構成はグローバルであり、同じデータベース内のスキーマに影響します。

以下のセクションは、上記の方法で各データベースを調整する際のベンダー固有の情報にリンクしています。

IBM DB2

IBMの公式DB2ドキュメント を参照してください。

MariaDB

InnoDBの二重書き込みをオフにし、トランザクションコミット時のInnoDBフラッシュログを0に設定します。

Microsoft SQL Server

トランザクションの耐久性FORCEDに設定します。

Oracle Database

デフォルトの設定で適切に機能します。 ディスクへの非同期I/O を自動的に構成します。

PostgreSQL

同期コミット をオフにし、 ログ先行書き込みライター遅延1000ミリ秒に設定します。

まとめ

アップグレードが完了したら、必ずデータベース構成を本番環境設定に戻してください。