Documentation

データベースアップグレードオプション

リリース、アップデート、フィックスパックなどでデータベーススキーマの変更がある場合、その変更を適用するためのオプションを知っておくと便利です。 ここでは、各スキーマ変更レベルのデータベースアップグレードオプションと、DXP/Portalインストールタイプで各アップグレードオプションを使用する際の一般的な手順をご紹介します。

データベースアップグレードオプションは次の通りです。

  • Docker image: 新しいDXP/PortalのDockerイメージを実行する際に、以下の環境変数を使用して、設定されたデータベース上でデータベースアップグレードツールを自動実行します。

    -e LIFERAY_UPGRADE_PERIOD_DATABASE_PERIOD_AUTO_PERIOD_RUN=true
    
  • Gogo Shell: サーバーの実行中に、Gogo Shellコマンドを実行して、モジュールのアップグレードをリストアップしたり、呼び出したりすることができます。 なお、コアデータベースのアップグレードには、Dockerイメージまたはデータベースアップグレードツールを使用する必要があります。

  • データベースアップグレードツール: サーバーがオフラインの状態でも、データベースアップグレードツールを使用してコアおよびモジュールのデータベースのアップグレードを実行できます。

重要

DXP/Portalのデータベースをアップグレードするための補足説明です。 出発点として、DXP/Portalのアップグレード手順については、 アップグレードの基本 を参考にしてください。また、DXP/Portalのアップデートやフィックスパックの適用については、 Liferay DXPインストールの管理 を参考にしてください。

スキーマ変更レベルのデータベースアップグレードオプション

ここでは、リリース、アップデート、またはフィックスパックに含まれるデータベーススキーマの変更の種類と、それらの変更を適用するためのデータベースアップグレードオプションについて説明します。

データベーススキーマの変更

データベースアップグレードオプション

モジュールマイクロバージョン
(オプションのアップグレード)

Dockerイメージ
Gogo Shell
* データベースアップグレードツール

モジュールメジャー/マイナーバージョン
(必須アップグレード)

Dockerイメージ
Gogo Shell
* データベースアップグレードツール

コアデータスキーマ(必須アップグレード)

Dockerイメージ
データベースアップグレードツール

データベースのアップグレードは、対象となる新規インストールから行うことも、データベースのアップグレードに便利な別のインストールから行うこともできます。 例えば、アプリサーバーのLiferay WARの依存関係を使用している場合、新しいLiferay Dockerイメージを使用してデータベースをアップグレードし、新しいLiferay WARと依存関係をアプリサーバーにインストールし、アプリサーバーを再起動して新しいLiferayバージョンを実行することができます。

DXP/Portalのインストールには3つのタイプがあります。

  1. Liferay Dockerイメージ

  2. Liferay Tomcat バンドル

  3. アプリケーションサーバー(app server) + Liferay WAR(WAR) + 依存関係

ここでは、各インストールタイプでデータベースのアップグレードオプションを使用するための一般的な手順を説明します。

Liferay Dockerイメージのデータベースアップグレード

ここでは、DockerイメージまたはTomcat Bundleを使用して、新規のLiferay Dockerイメージのデータベースアップグレードを実行するためのプロセス概要を示します。

Dockerイメージオプション

Tomcatバンドルオプション

アップグレードプロセスの概要

1. 新しいイメージの設定を行います。
2. アップグレード環境変数を有効にして実行してください。
3. アップグレードが正常に完了したら、新規イメージの新規コンテナにデータベースを設定します(アップグレードを有効にしない)。

1. Liferay Tomcatバンドルの設定を行います。
2. バンドルからデータベースアップグレードツールを実行します。
3. アップグレードが正常に完了したら、新規のDockerイメージ上でデータベースを構成します。

Liferay Tomcatバンドルのデータベースアップグレード

ここでは、DockerイメージまたはTomcatバンドルを使用して、新規のLiferay Tomcatバンドルのデータベーススアップグレードを実行するためのプロセス概要を示します。

Dockerイメージオプション

Tomcatバンドルオプション

アップグレードプロセスの概要

1. 新しいDockerイメージの設定を行います。
2. アップグレード環境変数を有効にして実行してください。
3. アップグレードが正常に完了したら、Liferay Tomcatバンドル上でデータベースを構成します。

1. 新しいLiferay Tomcatバンドルの設定を行います。
2. データベースアップグレードツールの実行

アプリケーションサーバインストール時のデータベースアップグレード

ここでは、DockerイメージまたはTomcatバンドルを使用して、アプリケーションサーバー上に新規のLiferay DXP/Portalをインストールする際に、データベースのアップグレードを実行するためのプロセス概要を示します。

Dockerイメージオプション

Tomcatバンドルオプション

アップグレードプロセスの概要

1. 新しいDockerイメージの設定を行います。
2. アップグレード環境変数を有効にして実行してください。
3. アップグレードが正常に完了したら、新しいLiferay WARとOSGiの依存関係をアプリケーションサーバーにインストールします。

1. 新規のLiferay Tomcatバンドルの設定を行います。
2. バンドルからデータベースアップグレードツールを実行します。
3. アップグレードが正常に完了したら、新規のLiferay WARとOSGiの依存関係をアプリケーションサーバーにインストールします。