Documentation

代替の電子メールの設定方法

メールサーバーに接続するようにLiferay DXPを構成するには、いくつかの方法があります。 開始する最も簡単な方法は、サーバー管理UIを使用してメールを設定することです。 この記事では、ポータルプロパティまたはアプリケーションサーバーのメールセッションを使用した、メールを構成する代替方法について説明します。

ポータルプロパティを使用した組み込みメールセッションの構成

オフラインで、またはDXPをデプロイする前にメールセッションを構成するには:

  1. portal-ext.propertiesファイルを作成します(ファイルがまだ存在しない場合)。

  2. これらのデフォルトのプロパティ設定をportal-ext.propertiesファイルにコピーします。

    mail.session.mail=false
    mail.session.mail.pop3.host=pop.gmail.com
    mail.session.mail.pop3.password= *******
    mail.session.mail.pop3.port=110
    mail.session.mail.pop3.user=joe.bloggs
    mail.session.mail.smtp.auth=true
    mail.session.mail.smtp.host=smtp.gmail.com
    mail.session.mail.smtp.password= *******
    mail.session.mail.smtp.port=465
    mail.session.mail.smtp.user=joe.bloggs
    mail.session.mail.store.protocol=pop3
    mail.session.mail.transport.protocol=smtp
    
  3. デフォルトのメールセッション値を独自の値に置き換えます。

  4. portal-ext.propertiesファイルを Liferay Home に配置します。

DXPは次回の起動時にメールセッションに接続します。

アプリケーションサーバー上のメールセッションへの接続

ユーザーは、アプリケーションサーバーを使用してDXPのメールセッションを構成できます。

  1. アプリケーションサーバーでメールセッションを作成します。アプリケーションサーバーのドキュメントを参照してください。

  2. コントロールパネル を使用している場合は、 [Control Panel] → [Configuration] → [Server Administration] → [Mail] に移動します。

  3. [JavaMail Properties] フィールドに値を入力します。

    JavaMail

  4. [保存] をクリックします。 DXPがアプリケーションサーバー上のメールセッションを指すようになります。

メールサーバーがDXPに接続され、通知を送信する準備ができました。

注釈

portal-ext.properties __で以下のプロパティを設定し、サーバーを再起動すると、コントロールパネルの値を設定するのと同じ効果があります:mail.session.jndi.name=mail/MailSession