Documentation

Liferay DXPのアクティブ化

サブスクリプションが必要です。

Liferay DXPは、XML(.xml ) アクティベーションキーを使用してアクティブ化されます。 アクティベーションキーは、DXPサブスクリプション契約期間または試用契約を指定します。 Liferay DXPを初めて実行すると、ライセンスページが表示され、アクティベーションキーが要求されます。

DXPを初めて実行すると、ライセンスページが表示されます。

キーを使用したDXPのアクティブ化

アクティベーションキーをお持ちの場合は、 Liferay Homedeployフォルダにコピーします。

[LIFERAY_HOME]
    ├── data
    ├── deploy
    │   └── my-license.xml
    ├── license
    ├── logs
    ├── osgi
    ├── patching-tool
    ├── tools
    └── work

登録を確認するメッセージがDXPコンソールに表示されます。

License registered ...

DXPを使用する準備が整いました。

キーが必要な場合

エンタープライズサブスクリプションをお持ちの場合は、 [Activation Keys] ページにアクセスしてアクティベーションキーをダウンロードするか、アクティベーションキーをリクエストしてください。

DXPをお試し中の場合、 30日間の試用アクティベーションキー を取得してください。

注釈

Liferay DXP 7.2以前でLiferay Connected Services(LCS)を使用している場合、LCSでDXPインスタンスをアクティブ化する手順については、 LCSのドキュメント を参照してください。

Liferay DXPの再アクティブ化

新しいDXPアクティベーションキーがあり、DXPインスタンスがキーまたはLiferay Connected Services(LCS)によって現在アクティベートされている場合は、新しいアクティベーションキーをデプロイする前に、以前のアクティベーション方法の残余を削除することをお勧めします。 削除することで、使用しているアクティベーションキーのあいまいさがなくなります。

新しいキーでDXPを再アクティブ化する手順は次のとおりです。

  1. アプリケーションサーバーを停止します。

  2. LCSを使用してDXPをアクティブ化している場合は、 Liferay Homeosgi/marketplaceフォルダからLiferay Connected ServicesクライアントのLPKGファイル(.lpkg)を削除します。

  3. [Liferay Home]/data/licenseフォルダの コンテンツ は削除しますが、フォルダは保持します。

  4. [Liferay Home]/osgi/modulesフォルダからすべてのactivation-key-[...].xmlファイルを削除します。

  5. アプリケーションサーバーを起動します。

  6. 新しいアクティベーションキーファイルを[Liferay Home]/deployフォルダにコピーします。

登録を確認するDXPコンソールメッセージが表示されます。

License registered ...

DXPを引き続き使用できます。

エンタープライズサブスクリプションがあり、さらにサポートが必要な場合は、 アカウントサポート に連絡するか、 サポートチケット を作成してください。