Documentation

Liferay Home

Liferay Home は、Liferay DXPがアプリケーションの起動、構成の読み取り・適用、JARファイルのロード、ログの生成などを行うフォルダです。

Liferay Homeの場所は、インストールタイプによって異なります。

  • DXPバンドルでは 、Liferay Homeはインストールの最上位フォルダであり、アプリケーションサーバーが含まれています。

  • アプリケーションサーバー上のインストールでは 、Liferay Homeフォルダはアプリケーションサーバーによって異なります。 アプリケーションサーバー上にインストールしている場合、Liferay Homeの場所については、そのアプリケーションサーバーに関する記事(例: [app server]でのDXPのインストール)を参照してください。

Liferay Homeの構造

DXPのインストールには、アプリケーションサーバーに関係なく、次のフォルダ構造が含まれています。

[LIFERAY_HOME]
    ├── data
    ├── deploy
    ├── license
    ├── logs
    ├── osgi
    │   └── configs
    │   └── core
    │   └── marketplace
    │   └── modules
    │   └── portal
    │   └── state
    │   └── static
    │   └── war
    ├── patching-tool
    ├── tools
    └── work

Liferay Homeリファレンス

以下は、各フォルダの内訳とその目的の簡単な説明です。

  • data(HSQLデータベースが選択されている場合):埋め込みHSQLデータベース、DXPのファイルリポジトリ、およびサーチインデックスを格納します。 組み込みのHSQLデータベースはデフォルトで設定されていますが、デモンストレーションと試用のみを目的としています。 ポータルプロパティjdbc.default.url は、Hypersonic組み込みHSQLデータベースの場所を設定します。

  • deploy:デフォルトでは、このフォルダはプラグインを自動デプロイします。 自動デプロイは、Liferay マーケットプレイスのアプリケーション.lpkgファイル、プラグイン.warファイル、およびプラグイン.jarファイルをサポートしています。 ポータルプロパティauto.deploy.deploy.dir を設定することにより、deployフォルダの代替パスを設定できます。

  • license:DXPの著作権およびバージョンファイルがここにあります。

  • logs:DXPはこのフォルダを作成し、ここにログファイルを書き込みます。 問題を診断するときに、それらを調べます。 portal-impl.jarportal-impl/src/META-INF/portal-log4j.xmlファイルは、ログファイルの場所を設定します。 ログファイルの場所を上書きするには、 Extプラグインでext-impl/src/META-INF/portal-log4j-ext.xmlファイルを使用する 必要があります。

  • osgi:OSGiランタイムのすべてのJARファイルといくつかの構成ファイルは、このフォルダに属しています。 ポータルプロパティmodule.framework.base.dir は、OSGiフォルダの場所を設定します。 以下がそのサブフォルダです。

    • 構成:コンポーネント 構成ファイル

    • core:DXPのコアモジュール。

    • marketplace:マーケットプレイスアプリケーションとアプリケーションスイート。

    • modules:デプロイしたモジュール。

    • portal:DXPの非コアモジュール。

    • state:OSGiバンドルのインストール、バンドルストレージなどのOSGi内部状態ファイルが含まれています。

    • static:カスタマイゼーションをJARファイルとしてここにデプロイします。

    • war:デプロイしたWARプラグイン。

  • patching-tool:(サブスクリプション)このフォルダには、パッチとパッチをインストールするためのユーティリティが含まれています。

  • tools:データベースアップグレードツールおよびターゲットプラットフォームインデクサー用。

  • work:モジュールJasper作業ファイル。

注釈

DXPがLiferay Homeフォルダにリソースを作成できない場合、またはDXPが特定のアプリケーションサーバーで実行されている場合は、DXPを実行しているオペレーティングシステムユーザーのホームフォルダに「liferay」と呼ばれるフォルダが作成されます。 この場合、そのliferayフォルダがLiferay Homeになります。 たとえば、オペレーティングシステムのユーザー名がjbloggsの場合、liferayフォルダのパスは/home/jbloggs/liferayまたはC:\Users\jbloggs\liferayになります。