Documentation

スリムバンドルの使用

サブスクライバー

Liferay DXP 7.2フィックスパックおよびサービスパックは、Tomcatアプリケーションサーバーにバンドルされて提供されています。 従来のバンドルと スリムバンドル として利用できます。 従来のDXP 7.2バンドルには、 パッチファイル(パッチングツールが特定のパッチをインストールするために必要なすべてのソースコードとバックアップファイル)が含まれています。 スリムバンドルにはパッチファイルが含まれていないため、従来のバンドルの約3分の1のサイズです。 スリムバンドルは、ディスク容量が限られている、またはコストがかかるデモまたはインストールを目的としています。 クラウドやコンテナ環境に最適です。

重要

スリムバンドルは、Liferay DXP 7.2以前でのみ使用されます。 DXP 7.3以降では必要ありません。

警告

ほとんどのパッチツールコマンド( installなど)は、フィックスパックまたはサービスパックのパッチファイルがスリムバンドルにインストールされるまで、スリムバンドルで実行できません。

スリムバンドルのそれぞれのフィックスパック/サービスパックのパッチファイルがない場合、スリムバンドルは次のパッチングツールコマンドに限定されます。

スリムバンドルにはパッチを適用できますが、パッチファイルを復元する追加の手順が必要です。 各パッチのパッチファイルは、 ヘルプセンター で入手できます。

スリムバンドルのパッチ適用

スリムバンドルにパッチをインストールしようとすると、パッチツールはパッチファイルが必要であると報告します。 メッセージは次のとおりです。

This installation does not include data for patching. Please copy the
liferay-patching-files-[separation-name].zip file into the 'patches'
directory and run patching-tool setup.

パッチファイルを復元する方法は次のとおりです。

  1. ヘルプセンター からパッチファイルをダウンロードします。 フィックスパックまたはサービスパックに移動し、ドロップダウンから [Patching Files] を選択し、 [ダウンロード] をクリックして、パッチファイルをダウンロードします。

  2. パッチファイルをスリムバンドルの patching-tool/patches フォルダに抽出します。

  3. patching-tool フォルダへのコマンドラインを開きます。

  4. パッチングツールを使用して、パッチファイルを設定します。

    ./patching-tool.sh setup
    

    スリムバンドルにパッチファイルがあり、パッチを適用する準備ができています。

  5. パッチのインストール の手順に従って、スリムバンドルにパッチを適用します。

スリムバンドルを使用するメリットを学び、パッチを適用する方法を理解しました。