Documentation

ブルーグリーンのデプロイ

ブルーグリーンとは、本番環境(ブルー 環境)を複製し、ソフトウェアとデータの変更によって複製を変更する(グリーン 環境)デプロイ手法です。 グリーン環境のテストに成功したら、ユーザーをブルー環境からグリーン環境にカットオーバーします。 ブルーグリーンは、システムのダウンタイムを排除します。

データの変更とデータスキーマの変更には、特別な注意が必要です。 既存のコードとの互換性を損なうカスタムのプラグイン/モジュールデータスキーマの変更は、いくつかのリリースにわたって導入する必要があり、データを古い列と新しい列に移行し、古い列が不要になるまで維持します。

データとスキーマの変更には、次の手順が必要です。

  1. 新しい列を作成します。

  2. データを新しい列にコピーします。

  3. 古い列がクラスターノードで使用されなくなるまで、両方の列を維持します。

  4. 次のリリースで古い列を削除します。

詳細は、以下のブルーグリーンのデプロイに関する記事を参照してください。