Documentation

バックアップ

DXPインストールを実行したら、予期しないイベントを考慮した包括的なバックアップ計画を実装する必要があります。 バックアップコピーは、アップデートのテスト(DXPアップグレード、新しいプラグインなど)にも役立ちます。

Liferay DXPのバックアップ計画を検討するときは、次の領域をバックアップすることをお勧めします。

注釈

DXP Cloudは、ドキュメントライブラリとLiferay DXPデータベースのバックアップを作成および管理するプロセスを自動化および簡素化します。 DXP CloudはGitベースのDevOpsパイプラインを使用するため、Liferayのすべての構成も自動的にバックアップされます。 詳細については、 DXP Cloud Backup Service を参照してください。

Liferay Home

Liferay Homeフォルダーには次のファイルが含まれているため、バックアップすることが重要です。

  • ポータルのプロパティとシステムのプロパティ: Liferay Homeフォルダには、DXPポータルのプロパティファイル(例:portal-ext.propertiesportal-setup-wizard.propertiesなど)とDXPシステムのプロパティファイルが格納されています(例:system-ext.properties)。

  • /データフォルダ: DXPは、Liferay Homeの/データフォルダに設定ファイル、検索インデックス、キャッシュ情報を保存します。 / data / document_library フォルダは、 簡易ファイルシステムストアのデフォルトのストレージ構成場所であることに注意してください。 高度なファイルシステムストアでは、保存場所を明示的に設定する必要があります。

  • /ライセンスフォルダ(サブスクリプション): Liferayエンタープライズサブスクリプションのアクティベーションキーを保持します。

  • /osgiフォルダ: DXPのOSGiランタイムを構成するファイルは、Liferay Homeの/osgiフォルダに保存されます。 DXPにデプロイされたすべてのアプリとモジュールのJARファイルが含まれています。 /osgiフォルダには、他の必要なJARファイル、 設定ファイル 、およびログファイルも含まれています。

  • /logsフォルダ: DXPのログファイルが含まれています。 DXPで問題が発生した場合、ログファイルは、問題の原因を特定するための情報を提供します。

注釈

Liferay Dockerイメージを使用していて、バインドマウントを介してカスタムLiferayおよびアプリケーションサーバーの構成ファイルを使用している場合は、それらのファイル(たとえば、 [host folder]/filesフォルダ内のファイル)をバックアップします。

Git、BitBucket、Subversion、CVSなどのソース管理リポジトリを使用すると、Liferay Homeフォルダをバックアップできます。

重要

ファイルストア(ドキュメントライブラリ)を[Liferay Home]/dataサブフォルダ以外の場所に構成した場合は、その場所をバックアップします。

アプリケーションサーバー

アプリケーションサーバーには、カスタマイズした可能性のあるDXP記述子、デプロイメント、および依存関係があります。 たとえば、DXPの web.xml ファイルをカスタマイズした場合、DXPパッチの web.xml 常に既存のものを上書きするため、バックアップする必要があります。 アプリケーションサーバー全体をバックアップすることをお勧めします。

データベース

DXPのデータベースは、ポータルのすべての情報の中央リポジトリです。 バックアップする最も重要なコンポーネントです。 データベースをライブでバックアップする(データベースで許可されている場合)か、データベースをファイルにエクスポート(ダンプ)してから、エクスポートしたファイルをバックアップします。

たとえば、 MySQLの mysqldump ユーティリティは、データベース全体とデータを大きなSQLファイルにエクスポートします。

mysqldump --databases my-liferay-database > my-liferay-database-backup.sql

その後、このファイルをバックアップできます。 データベースの復元時に、このファイルをデータベースにインポートして、データベースをエクスポートしたときの状態にデータベースの状態を再作成できます。

ファイルストア

ファイルストア(ドキュメントライブラリ)をバックアップします。 新しいバージョンのDXPにアップグレードするときは、既存のドキュメントライブラリを参照するか、ドキュメントライブラリを新しいDXP環境にコピーする必要があります。

検索インデクス

検索インデクスは常にバックアップしてください。 ほとんどのLiferayデータは、完全なインデックスの再作成によってデータベースから復元できますが、 一部のアプリケーションではプライマリストレージ として検索インデクスが使用されます。 インデックスのバックアップに失敗すると、これらのアプリケーションのデータが完全に失われる可能性があります。

さらに、データセットが大きいユーザーは、バックアップから復元するときに、すべてのコンテンツとアセットのインデックスを再作成することを回避できます。 検索インデクスを保存する別のElasticsearchまたはSolr環境がある場合は、検索データのバックアップが最も簡単です。 詳細については、検索エンジンのバックアップ/復元のドキュメンテーションに従ってください(たとえば、Elasticsearchの スナップショットと復元のドキュメンテーション を参照してください)。

ソースコード

DXPを拡張した場合、またはプラグインを作成した場合は、GitやBitBucketなどのソースコードリポジトリに保存する必要があります。 進行中の作業を維持するために、ソースコードリポジトリを定期的にバックアップする必要があります。

まとめ

予期しないシステム障害から回復する場合でも、定期的なアップグレードを実行する場合でも、Liferayのデータのバックアップと復元は、インストールを復活させるために不可欠です。 ここで取り上げた分野のバックアップ手順を適切に一貫して実行することで、インストールに必要な重要なデータを確実に回復できます。