Documentation

新しいDockerイメージへのアップグレード

新しいLiferayバージョンがDockerイメージとしてリリースされると、それらにアップグレードできます。 アップグレードの基本 では、プロセスについて説明しています。

重要

アップグレードする前に、必ずデータとインストールをバックアップしてください。 バックアップコピーでアップグレードプロセスをテストすることをお勧めします。

アップグレードには、設定、マーケットプレイスアプリケーション、およびカスタムコードの更新が含まれます。 おそらく、アップグレードの最大の部分は、Liferayデータベースのアップグレードです。 データベースをアップグレードするには、2つの方法があります。

  • Liferay起動時にDockerイメージで自動アップグレードを使用する: 自動アップグレードを有効にして新しいLiferay Dockerイメージを実行すると、Liferayの起動時にデータベースがアップグレードされます。 アップグレードが完了した後、Dockerコンテナを介してLiferayを引き続き使用できます。 シンプルでデータセットが小さいポータル環境は、この方法でアップグレードできます。

  • データベースアップグレードツールを使用する: データベースアップグレードツールを使用したデータベースのアップグレードは、コンテナ化されていないLiferayのインストールで行う必要があります。 アップグレードが完了したら、新しいLiferay Dockerコンテナを指定できます。 複雑で、より大きなデータセットを持つ、または多くのカスタマイズがあるDXP環境およびポータル環境は、データベースアップグレードツールを使用してアップグレードする必要があります。

次のステップ

まず、 アップグレードの基本 をお読みください。 その後、新しいコンテナで自動アップグレードを使用したい場合は、 Docker経由のアップグレード を参照してください。 ご使用の環境でデータベースアップグレードツールの使用が必要な場合は、データベースアップグレードツールを参照してください。