Documentation

DXPをDockerでライセンスする

有効期限が切れるDXPトライアルライセンスを使用している場合、またはインストールする必要のある新しいライセンス(アクティベーションキー)がある場合は、コンテナの既存のライセンスを置き換えることができます。

ライセンス有効期限ログメッセージの例を次に示します。

ERROR [fileinstall-directory-watcher][LicenseManager:?] DXP Development license is expired

注釈

各DXP Dockerイメージには、イメージが作成されてから1か月後に有効期限が切れる一時的なトライアルライセンス(trial-dxp-license-[id-number].xml)が含まれています。

ライセンスを置き換える方法は次のとおりです。

  1. コンテナでBashシェルを開きます。

    docker exec -it [container] bash
    
  2. 既存のライセンスファイルを削除します。

    rm /opt/liferay/data/license/*
    
  3. OSGiモジュールフォルダからすべてのトライアルライセンスとアクティベーションキーファイルを削除します。

    rm /opt/liferay/osgi/modules/*license*.xml /opt/liferay/osgi/modules/*activation*.xml
    
  4. Bashシェルを終了します。

    exit
    
  5. 新しいライセンス/キーファイルをコンテナにコピーします。

    docker cp [license file] [container]:/opt/liferay/deploy
    

    または、バインドマウントをコンテナに関連付けている場合は、ライセンス/キーファイルを/mnt/liferay/deployにマップされているフォルダにコピーできます。

    詳細は、コンテナへのファイルの提供を参照してください。

DXPはライセンスのインストールをログに記録します。 例:

INFO  [fileinstall-directory-watcher][LicenseManager:?] License registered for DXP Development
INFO  [com.liferay.portal.kernel.deploy.auto.AutoDeployScanner][AutoDeployDir:?] Processing trial-dxp-license-123.xml
INFO  [fileinstall-directory-watcher][LicenseManager:?] DXP Development license validation passed
INFO  [fileinstall-directory-watcher][LicenseManager:?] License registered for DXP Development

DXPライセンスを更新しました。