Documentation

Dockerイメージのバージョン

Liferay Docker イメージタグは、Liferay ソフトウェアのバージョンで始まり、イメージのバージョンで終わります。

[Liferay software version] [image version]

例えば、Liferay DXP 7.4.13 Update 15 や Liferay Portal 7.4.3.15 GA15 は、このパターンに従っています。 詳しくは、 Liferayソフトウェアバージョン をご覧ください。

Liferay Docker イメージタグは full image versions と simple image versions を使用します。

フルイメージバージョンは、コンテナ(OS、スクリプト、ツールなど)の変更に基づくセマンティックバージョンである。 これらのバージョンは dで始まり、メジャー、マイナー、マイクロの各バージョン番号を持ち、タイムスタンプで終わります (例: 7.4.13-u15-d2.0.23-20220310153349).

重要

イメージのバージョンは、Liferayソフトウェアのバージョンに拘束されることはありません。 例えば、同じLiferayソフトウェアのバージョンに対して、複数のイメージを作成することができます。

フルイメージバージョンを使用するタグは、静的で明示的にバージョン管理されているため、推奨されています。

簡易画像版を使用するタグは、便宜上提供しているに過ぎない。 これらは、Liferay ソフトウェアのバージョンで利用可能な 最新のイメージを表しています

例えば、本稿執筆時点で入手可能なDXP 7.4イメージに使用されているフルバージョンとシンプルバージョンのタグは以下のとおりです。

全体:

7.4.13-u36-d4.1.9-20220803160915

シンプル:

7.4.13-u36

上記のfullタグとsimpleタグは、同じDockerイメージを参照しています。 しかし、Liferay DXP 7.4.13 U36 で新しい画像が作成された場合、シンプルタグは新しい画像を使用するように更新されます。

警告

単純なイメージバージョンを使用する Liferay Docker イメージタグは、変更することができます。 これらは、Liferay ソフトウェアのバージョンで利用可能な最新のイメージを参照するように更新されます。