Documentation

データベースの構成

デモンストレーション用のデフォルトでは、Liferay DXPは組み込みHSQLデータベースを使用するように構成されています。 デモの目的以外では、次のようなフル機能のサポートされているRDBMSを使用することをお勧めします。

  • MySQL

  • MariaDB

  • Oracle

  • PostgreSQL

重要

The Liferay DXP Compatibility Matrix lists the supported databases and versions.

データベースを構成する

  1. UTF-8を使用するデータベースを作成します。 MySQLコマンドの例を次に示します。

    create database lportal character set utf8;
    
  2. 完全なデータベース権限を持つデータベースユーザーを設定します。 組織でDXPデータベースユーザーのデータベースアクセスを制限する必要がある場合は、 High Security Database User Practices を参照してください。

    重要

    Liferay requires reading from and writing to the database. The Liferay database user must therefore have permissions to read and write data.

  3. JDBCコネクタをインストールします。 DXPバンドルには、/lib/extフォルダにいくつかのオープンソースJDBCコネクタが含まれています。 OracleやDB2などの専用データベースのコネクタ(下の表を参照)は、ベンダーからダウンロードする必要があります。

専用データベース:

データベース

コネクタ

ベンダーサイト

メモ

Oracle

ojdbc8.jar

Oracle

データ切り捨ての問題 がCLOB列からデータを読み取って検出されたため、少なくともOracle 12.2.0.1.0 JDBC 4.2バージョンを備えたojdbc8.jarライブラリが必要です。

DB2

db2jcc4.jar

IBM

dbc2jcc コネクタは3.72以降廃止されました。

Liferay DXPのデータベースを構成しました。

注釈

データベース構成の詳細は、Database Configuration Referenceを参照してください。