Documentation

ゴミ箱の概要

統合されたゴミ箱は、完全に削除する前に、インスタンスから削除するコンテンツとデータを一時的に保存することができます。 デフォルトでは、ゴミ箱はインスタンス全体で有効になっていますが、個々のサイトではいつでも無効にできます。

有効にすると、削除アクションは、リサイクル可能なアセット(フォルダ、Webコンテンツ、ブログ、ブックマーク、ドキュメント、メディア、掲示板、Wikiなど)に対して [ゴミ箱に移動する] に置き換えられます。

フォルダはゴミ箱に移動され、すぐには削除されません。

リサイクルされると、アセットは指定された期間保持され、その間、ユーザーはアセットを復元または完全に削除できます。 アセットが指定された保存期間より長くゴミ箱に残っていると、インスタンスから自動的に削除されます。 デフォルトの保存期間は43,200分(つまり、30日)です。

ファイルを削除または復元するオプションがあります。

サイトでゴミ箱が無効になっている場合、削除されたアセットは完全に削除され、復元できません。

アセットを削除します。

ごみ箱とステージング

サイトでステージング環境を有効にしている場合は、ステージング環境と本番環境環境の両方に個別のゴミ箱があります。 これにより、ステージングされたアセットと本番環境アセットが混在するのを防ぎます。

アセットをゴミ箱に移動するには、最初にアセットを含む環境に切り替えます。 [ステージング]または[本番環境]をクリックします。

作業している環境を確認してください。 [ステージング]または[本番環境]をクリックして切り替えます。

ゴミ箱の使用には、ステージング環境と本番環境環境のどちらで作業している場合でも同じ機能があります。

ステージング環境を最初に設定したときは、さまざまなアセットタイプに対してゴミ箱が有効になっています。 変更を加えるには、ステージングでのデータとコンテンツタイプの管理を参照してください。

警告

ステージング環境を有効または無効にする前に、ゴミ箱を確認してください。 すでにゴミ箱にあるアセットを失う可能性があります。