Documentation

メタデータセットの定義

ドキュメントとメディアを使用すると、カスタムドキュメントタイプに追加できるメタデータフィールドの再利用可能なグループを定義できます。 作成されると、これらのメタデータセットは、ドキュメントタイプの作成または編集中に選択でき、ドキュメントタイプフォームで直接定義されたフィールドの後に追加されます。

次の手順に従って、新しいメタデータセットを定義します。

  1. サイトまたはアセットライブラリでドキュメントとメディアアプリケーションに移動します。

    サイト内のドキュメントとメディアにアクセスするには、 サイトメニューSite Menu)を開き、 [Content & Data] → [Documents and Media] に移動します。

    サイトメニューの[Content & Data]の下にある[ドキュメントとメディア]をクリックします。

    アセットライブラリのドキュメントとメディアにアクセスするには、有効になっているライブラリに移動し、 [Documents and Media] をクリックします。

    アセットライブラリの[ドキュメントとメディア]をクリックします。

  2. メタデータセット] タブをクリックします。

  3. 追加 ボタン(Add)をクリックして、[New Metadata Sets]フォームにアクセスします。

  4. メタデータセットの 名前 を入力します。

  5. Builder] タブで、目的のフィールドを指定されたドロップゾーンにドラッグアンドドロップします。

    [作成]タブにフィールドを追加します。

    各フィールドは高度に構成可能で、基本オプションと詳細オプションがあります。 必要に応じて、フィールドを互いにドラッグアンドドロップしてフィールドグループを作成できます。 これらのグループも構成できます。

    各フィールドを設定します。

  6. (オプション)[Properties] タブをクリックして、 説明 を入力します。

  7. 保存] をクリックします。

保存すると、ドキュメントタイプを作成または編集するときに、新しいメタデータセットにアクセスして選択できます。 詳細は、ドキュメントタイプの定義を参照してください。

7.3.x以前のバージョンの場合

メタデータセットの作成

  1. プロダクトメニューProduct Menu)を開き、 サイト管理 メニューのコンパスアイコン(Compass)をクリックします。

  2. フォームを作成するサイトを選択します。

  3. コンテンツ & データ] → [ドキュメントとメディア] の順にクリックします。

  4. メタデータセット] タブをクリックします。

  5. 追加 ボタン(Add)をクリックします。 新規メタデータセットフォームが表示されます。

  6. 名前を入力します。

  7. Details] セクションを展開します。

  8. 新しいメタデータセットの説明を入力します。

  9. 親である場合は、 [親メタデータ] フィールドを空白のままにします。 拡張するメタデータセットを選択するには、 親メタデータセット の [選択] ボタンをクリックして、目的のメタデータセットを選択します。

  10. メタデータフィールドをエディターにドラッグアンドドロップします。

    メタデータセットのフィールドをキャンバスに追加します。

  11. 保存] をクリックします。

次のメタデータフィールドを使用できます。

メタデータフィールドのタイプ

Description

ブール値

チェックボックスをオンにします

色を指定します。

日付

日付を入力します。

小数

小数点以下2桁までの10進数を入力します。

ドキュメントとメディア

ドキュメントおよびメディアライブラリからファイルを選択します。

ジオロケーション

ドキュメントに関連付ける場所を指定します。

HTML

WYSIWYGエディターを使用してHTMLを入力し、コンテンツを拡張します。

整数

整数を入力します。

ページへのリンク

同じサイト内の別のページにリンクします。

数値

10進数または整数を入力します。

ラジオ

クリック可能なオプションがいくつか表示されますが、一度に選択できるオプションは1つだけです。

選択

これはラジオフィールドと同じですが、オプションは非表示であり、ドロップダウンメニューからアクセスする必要がある点が異なります。

テキストエリア

1行のテキストを入力します。

テキストエリア

複数行のテキストまたは個別の段落を入力します。

Webコンテンツ

Webコンテンツ記事を選択します。

メタデータセットの編集

フィールドを編集して、目的のメタデータを反映できます。 たとえば、テキストフィールドのデフォルトラベルは Text です。 たとえば、テキストフィールドをタイトルとして使用する場合は、フィールドのラベルを Title に変更する必要があります。 [Label]フィールドのほかに、初期値、変数名、マウスオーバーのヒント、幅、およびその他の設定を構成することもできます。 一部のフィールドには、ユーザーがフィールドに入力する必要があるかどうかを指定するための 必須 設定があります。 フィールドの [Repeatable] 設定が [Yes] の場合、ユーザーはフィールドの連続する複数のインスタンスをドキュメントのメタデータに追加できます。

  1. キャンバス上のフィールドをクリックします。 これにより、左側の [Settings] タブが自動的に選択されます。

  2. 設定値を編集するには、[Settings]テーブルで設定値をダブルクリックして、新しい値を入力します。

    フィールドの値を編集する

  3. 完了したら、 [Save] をクリックします。

メタデータセットの翻訳

メタデータセットの各フィールド値を、サポートされている任意のロケールに変換できます。

  1. Add Translation] をクリックします。

  2. 言語をクリックします(例: French (France))。 別のロケールを追加するには、この手順を繰り返します。

    翻訳を追加する。

  3. [Available Translations]セクションに追加されたら、言語を表すフラグをクリックします。

  4. 必要な値を変更します。

    フィールド名の翻訳

  5. 完了したら、 [保存] をクリックします。