Documentation

画像解像度の管理

ユーザーは、アダプティブメディアの画像解像度とその結果生成される適用された画像を管理できます。 たとえば、解像度を有効化、無効化、編集、および削除できます。 また、解像度に不足している可能性のある適用された画像を生成することもできます。

画像解像度の有効化

画像解像度はデフォルトで有効になっています。 無効化された 解像度を有効にする必要がある場合は、

  1. グローバルメニュー] → [コントロールパネル] → [アダプティブメディア] に移動します。

  2. 目的の画像解像度の横にある(Actions)アイコンをクリックします。

  3. Enable] をクリックします。

解像度が無効になっている間は、新しい画像のアップロードに適用された画像は生成されません。 解像度を有効にした後、無効になっていたときに生成されなかった適用された画像を生成する必要があります(この手順については、 欠落している適用された画像の生成 を参照してください)。

画像解像度の無効化

画像の解像度を無効にすると、適用された画像が生成されなくなります。 解像度を無効にした後にアップロードされたすべての画像には、まだ有効な最も適切な解像度が使用されます。 無効化された解像度によって以前に生成された適用された画像は引き続き利用できます。

画像解像度を無効にするには、

  1. グローバルメニュー] → [コントロールパネル] → [アダプティブメディア] に移動します。

  2. 目的の画像解像度の横にある(Actions)アイコンをクリックします。

  3. 無効] をクリックします。

画像解像度が無効になりました。

画像解像度の削除

画像解像度を削除する必要がある場合は、最初に無効にする必要があります。 有効な解像度を削除することは できません 。 これにより、画像解像度が誤って削除されるのを防ぎます。

画像解像度を削除すると、その解像度で作成された適用された画像は元に戻すことができず、新しい画像解像度を作成しても自動的には置き換えられないので注意が必要です。

画像解像度を削除するには、次の手順に従います。

  1. 目的の画像解像度の横にある(Actions)アイコンをクリックします。

  2. Delete] をクリックします。

画像解像度が削除されました。

画像解像度の編集

   画像の適用に解像度が使用されている場合、画像解像度とその識別子を更新することはできません。 これにより、生成された画像の不整合が防止されます。

したがって、画像解像度を編集できるのは、アダプティブメディアがそれに合わせた適用された画像をまだ生成していない場合のみです。 すでに適用された画像がある解像度の値を変更する必要がある場合は、その解像度を削除し、新しい値で新しい解像度を作成する必要があります。

欠落している適用された画像の生成

アダプティブメディアによって必要なすべての画像が生成されていない場合(たとえば、新しい画像解像度が作成される前、または解像度が無効になっている間に新しい画像がアップロードされた場合)、不足している画像を手動で生成する必要があります。

[適用された画像]列には、各解像度に適用された画像の割合が表示されます。

欠落している適用された画像を手動で生成するには、

  1. 単一解像度の場合は、解像度のアクションメニュー(Actions)から [残りの要素に適用] を選択します。

  2. すべての解像度を一度に適用する場合は、ページの上部にあるコントロールメニューのアクションメニューから [すべての画像を適用] を選択します。

ごみ箱と適用された画像

適用された画像をごみ箱に直接移動することはできません。 ただし、元の画像がごみ箱にある場合、対応する適用された画像はごみ箱にあるかのように動作し、ユーザーはそれらを表示できません。

元の画像がごみ箱にある適用された画像を指すURLは、404 Not Foundのエラーコードを返します。

元の画像がごみ箱から復元された場合、適用された画像に再びアクセスできます。