Documentation

共有の有効化と構成

共有設定により、ユーザーはファイルを相互に共有できます。 グローバル、仮想インスタンス、およびサイトのスコープでファイル共有を有効にできます。

注釈

共有はデフォルトではグローバルに有効になっています。

グローバル共有設定

  1. グローバルメニューGlobal Menu)をクリックし、 [コントロールパネル] をクリックします。

  2. システム設定] をクリックします。

  3. コンテンツとデータ] セクションで、 [Sharing] をクリックします。

    共有リンクは、共有の設定につながります。

  4. システムスコープ] 下で、 [Sharing] を選択します。

  5. 次のオプションを設定します。

    • 期限切れ共有エントリーのチェック間隔: 期限切れの共有エントリーがチェックされ削除される間隔(分単位)。

    • Enabled: このボックスをオンにすると、共有がグローバルで有効になります。

  6. 仮想インスタンススコープ] 下で、 [Sharing] を選択します。

  7. Enable] ボックスをオンにして、システム上のすべての仮想インスタンスの共有を有効にします。 チェックを外したままにすると、各仮想インスタンスで共有を設定することになります。

    注釈

    システムスコープで共有を有効にすると、システム上のすべての仮想インスタンスの共有が有効になります。 この動作を変更し、インスタンスごとに共有を有効にするには、[仮想インスタンススコープ]セクションの[Sharing]オプションをオフにします。

    共有をグローバルに設定します。

  8. 保存] をクリックします。

仮想インスタンス共有設定

  1. グローバルメニューGlobal Menu)をクリックし、 [コントロールパネル] をクリックします。

  2. Instance Settings] をクリックします。

  3. コンテンツとデータ] 下で、 [Sharing] をクリックします。

    注釈

    システムスコープで共有が無効になっている場合、共有オプションは使用できません。 システムスコープの設定を変更するには、[Global Sharing Configuration](#global-sharing-configuration)を参照してください。

  4. 仮想インスタンススコープ] 下で、 [Sharing] を選択します。

  5. Enabled] ボックスをオンにして、この仮想インスタンスでの共有を有効にします。

    インスタンスごとに共有を有効または無効にできます。

  6. [保存]をクリックします。

サイト共有設定

注釈

システムスコープまたは仮想インスタンススコープで共有が無効になっている場合、サイト共有オプションは使用できません。 これらの設定を変更するには、[Global Sharing Configuration](#global-sharing-configuration)および[Virtual Instance Sharing Configuration](#virtual-instance-sharing-configuration)を参照してください。

  1. サイト共有設定にアクセスします。

    • Liferay DXP 7.4+の場合

      1. サイトメニューから、 [設定] → [サイト設定] に移動します。

      2. [コンテンツとデータ]セクションで、 [Sharing] をクリックします。

    • 以前のLiferay DXPバージョンの場合

      1. サイトメニューから、 [設定] → [Settings] に移動します。

      2. [詳細設定]領域で、 [コンテンツ共有] セクションを展開します。

  2. 共有を有効にする] オプションを切り替えて、サイトのファイル共有を有効または無効にします。

  3. 完了したら、 [保存] をクリックします。