Documentation

ドキュメントとメディアプレビューの設定

デフォルトでは、Liferay DXPは PDFBox を使用して、ドキュメントライブラリに追加されたファイルのプレビューを生成します。 これは、PDFBoxがDXPで配布できる唯一の100% Javaベースのツールであるためです。

ただし、PDFBoxは限られた数のファイル形式しかサポートしていないため、Liferayは追加のファイル形式をサポートするために外部サービスとの統合も提供します。 これらのサービスを使用すると、より多くのファイルの高品質のファイルプレビューをより迅速に生成できます。

重要

プレビューの生成に使用するには、まずLiferay DXPインスタンスを実行しているサーバーにサービスをインストールする必要があります。

Liferay DXPは現在、以下のプログラムとの統合をサポートしています。

  • OpenOffice または LibreOffice :これらのプログラムはサーバーモードで使用でき、サポートされているファイル形式(.pdf.docx.odt.ppt.odpなど)のサムネイルおよびプレビューを生成することができます。 また、これらを使用してドキュメントを変換し、ブラウザで表示することもできます。 詳細は、Enabling OpenOffice/LibreOffice Integrationを参照してください。

  • ImageMagickGhostscript も必要です):これらのプログラムは、画像ファイルの高速で高品質のプレビューと変換を提供します。 詳細は、 Enabling ImageMagick and Ghostscript を参照してください。

  • FFmpeg :このプログラムは、音声ファイルとビデオファイルのサポートを提供します。 ファイルプレビューの生成に加えて、ブラウザのネイティブHTML 5プレーヤーでマルチメディアを再生できます。 詳細は、 音声とビデオのプレビュー用にFFmpegを有効にする を参照してください。

    注釈

    Liferay 7.3.x以前のバージョンでは、音声とビデオのプレビューの生成に[Xuggler](http://www.xuggle.com/xuggler)を使用しています。 詳細は、[Enabling Xuggler](../../../system-administration/using-the-server-administration-panel/configuring-external-services.html#enabling-xuggler)を参照してください。

これらのツールをインストールして設定すると、ドキュメントとメディアはほとんどのファイル形式のアプリケーションプレビューを提供できます。