Documentation

アセットリストをスプレッドシートにエクスポートする

コンテンツダッシュボードは、さらなる分析のために、コンテンツ関連のメタデータをスプレッドシート(.xlsファイル)にエクスポートすることができます。

アセットリストをスプレッドシートにエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. グローバルメニュー(Global Menu) を開き、 アプリケーションコンテンツダッシュボード に移動します。

  2. Export XLS] をクリックし、アセットリストをダウンロードします。

[XLS をエクスポート]ボタンをクリックすると、エクスポート処理が開始されます。

ファイル生成中、 Export XLS 、エクスポート処理のステータスとキャンセルボタンに置き換わります。 Cancel Export をクリックすると、エクスポート処理が停止し、メッセージが表示されます。 XLS の生成はキャンセルされました

エクスポート処理が完了すると、ステータスにメッセージが表示されます。 XLS Generated .

エクスポート処理が開始されると、[エクスポートをキャンセル]をクリックしてキャンセルすることができます。

注釈

.xls`ファイルが生成されている間にページから移動すると、エクスポート処理が停止します。 ページを離れる前に、システムがユーザーにプロンプトを表示します。

エクスポート処理中にページからの移動を確認するメッセージが表示されます。

XLSファイルのコンテンツ

すべてのメタデータはコンテンツとドキュメントからエクスポートされるため、 .xls ファイルには以下のカラムが含まれます。

  • タイトル

  • 作成者

  • 種類

  • サブタイプ

  • サイトまたはアセットライブラリ

  • ステータス

  • カテゴリ

  • タグ

  • 編集日時

  • 説明

  • 内線

  • ファイル名

  • サイズ

  • 公開開始日時

  • 作成日

  • 翻訳先言語

注釈

.xls`ファイルに存在する利用可能なメタデータは、コンテンツの種類に影響を与えます。 例えば、画像は翻訳できないので、Languages Translated Intoには何も表示されません。