Documentation

テストの実行

  1. poshi-ext.properties ファイルを poshi-standalone ディレクトリで開き、以下の行を追加します。TestCaseFileName#TestCaseNameは、テストケースファイルの作成で作成したものに置き換えてください。 提供されたテストケースとテスト名に従えば、 LiferayLearnSearch#CannotSearchForMyNameとなるはずです。

    test.name=LiferayLearnSearch#CannotSearchForMyName
    
  2. poshi-standaloneディレクトリでターミナルを開き、 ./gradlew.sh validatePoshi (Windowsでは、gradlew.bat validatePoshi) を実行してください。 これにより、構文のエラー、無効な関数、その他のエラーをチェックするposhi検証を実行します。 エラーがなければ、バリデーションは正常に実行されます。 エラーが発生した場合は、 Poshiのデバッグをご覧ください。

  3. ./gradlew.sh runPoshiのコマンドを実行し、テストを実行します。 ブラウザがポップアップし、ユーザーの入力なしに自動的にテストが実行されるはずです。

  4. 完了すると、結果はposhi-standalone/test-results/LiferayLearnSearch#CannotSearchForMyName ディレクトリで表示できます。 テスト結果の詳細については、 テスト結果についてを参照してください。