Documentation

Documentation Menu
Go Back

Angularプロジェクトを移行してLiferay npm Bundler 2.xを使用する

次の手順に従って、Angularプロジェクトを移行してliferay-npm-bundler 2.xを使用します。 liferay-npm-bundler 1.xはいくつかの変換ステップを実行するためにBabelに依存していましたが、これらの変換はバージョン2.xで自動的に適用されるようになりました。 したがって、プロジェクトからBabelを削除する必要があります。

  1. package.jsonの依存関係liferay-npm-bundlerをバージョン2.xにアップデートします。

    {
      "devDependencies": {
        ...
        "liferay-npm-bundler": "^2.0.0",
        ...
      },
      ...
    }
    
  2. すべてのliferay-npm-bundler-preset-*依存関係をpackage.jsonから削除します。liferay-npm-bundler 2.xにはデフォルトでこれらが含まれているためです。

  3. .npmbundlerrc ファイルで構成したバンドラープリセットを削除します。 liferay-npm-bundler 2.xには、すべてのフレームワークを自動的に処理する1つのスマートプリセットが含まれています。

  4. tsconfig.json ファイルを開き、 "module": "amd" コンパイラオプションを以下に示す構成に置き換えて、CommonJSモジュールを生成します。

    {
      "compilerOptions": {
        ...
        "module": "commonjs",
        ...
      }
    }
    
  5. .babelrc ファイルを削除して、Babel構成を削除します。

  6. package.json ビルドプロセスからBabelを削除して、以下の設定と一致させます。

    {
      "scripts": {
        "build": "tsc && liferay-npm-bundler"
      },
      ...
    }
    
  7. package.json devDependencies から次のBabel依存関係を削除します。

    "babel-cli": "6.26.0",
    "babel-preset-liferay-amd": "1.2.2"
    

プロジェクトは、liferay-npm-bundler 2.xを使用するように移行されます。