Documentation

Liferay Workspaceの作成

Liferay Workspaceは手動またはBlade CLIを使用して作成できます。

Liferay Workspaceを手動で作成する

Liferay Workspaceを手動で作成するには、 Gradle がインストールされている必要があります。 また、ターゲットとするLiferay製品(DXP、ポータルローリングリリース、またはコマース)のIDを知っているか、blade init -l コマンドを使用してBlade CLIで検索できる必要があります。

  1. ワークスペースを保存するフォルダをシステム上に作成します。

  2. このフォルダ内に、次のコンテンツを含むsettings.gradleというファイルを作成します。

    buildscript {
            dependencies {
                    classpath group: "com.liferay", name: "com.liferay.gradle.plugins.workspace", version: "latest.release"
            }
    
            repositories {
                    mavenLocal()
    
                    maven {
                            url "https://repository-cdn.liferay.com/nexus/content/groups/public"
                    }
            }
    }
    
    apply plugin: "com.liferay.workspace"
    
  3. 次に、次のコマンドを使用して、Gradleラッパーをプロジェクトに追加します。

    gradle wrapper --gradle-version 6.6.1
    
  4. 以下を含むgradle.propertiesというファイルを作成します。

    liferay.workspace.product=portal-7.4-ga29
    

    これは、Liferay Portalの最新のGAを定義します。 blade init -lと入力すると、Blade CLIを使用して常に現在のリストを取得できます。

Blade CLIを使用してLiferay Workspaceを作成する

  1. コマンドラインインターフェイスで、ワークスペースを生成するフォルダに移動します。

  2. 利用可能なバージョンを一覧表示して、ターゲットにするLiferayのバージョンを見つけます。

    blade init -l
    
  3. これで、ワークスペースを作成する準備が整いました。 次のコマンドを実行します。

    blade init -v [Liferay version] [workspace name]
    

    例:

    blade init -v portal-7.4-ga1 my-workspace
    

ワークスペースが作成されます。 なお、Liferayの7.xバージョンであれば、任意のバージョンをターゲットにすることができます。

blade init -v portal-7.0-ga7 [workspace name]

ワークスペースのバージョンは、liferay.version.defaultプロパティを使用して、ワークスペースのルートフォルダにある非表示の.blade.propertiesファイルに保存されます。 テンプレートに基づいてプロジェクトを作成する場合、ここに保存されているバージョンによって、使用されるテンプレートのバージョンが決まります。

プロキシの構成

プロキシサーバーの背後にいる場合は、それを設定できます。

  1. ~/.gradle/gradle.propertiesファイルを開きます。 このファイルが存在しない場合は作成してください。

  2. 次のプロパティをファイルに追加します。

    systemProp.http.proxyHost=www.somehost.com
    systemProp.http.proxyPort=1080
    systemProp.https.proxyHost=www.somehost.com
    systemProp.https.proxyPort=1080
    

    プロキシのホストとポートの値を自分のものに置き換えてください。

  3. プロキシサーバーで認証が必要な場合は、次のプロパティも追加します。

    systemProp.http.proxyUser=userId
    systemProp.http.proxyPassword=yourPassword
    systemProp.https.proxyUser=userId
    systemProp.https.proxyPassword=yourPassword
    

プロキシ設定がLiferayワークスペースで設定されます。