Documentation

LiferayのDockerコンテナの設定

コンテナの作成とデプロイは、最新の開発者ワークフローの重要な部分です。 Liferay Workspaceでは、Dockerコンテナを開発用に使用することも、完全な作業構成を作成するために使用することも簡単にできます。

コンテナの作成は、次の3つの主要なステップで行われます。

  1. コンテナに必要なDockerイメージを選択します。

  2. そのコンテナをワークスペースにダウンロードします。

  3. 設定とアプリケーションを使用してコンテナを構成します。

以下の手順を実行する前に、Dockerをインストールして実行する必要があります。

Liferay Dockerイメージの選択

イメージのバージョンはワークスペースのバージョンから継承されるため、ほとんどの場合、Liferay Dockerイメージを選択する必要はありません。 ただし、ワークスペースで指定されているバージョン以外のイメージバージョンをインストールする必要がある場合は、バージョンを明示的に設定できます。 これを行う必要がない場合は、次のセクションにスキップしてください。

LiferayのDockerイメージは Docker Hub にあります。 それらは2つのカテゴリーに分類されます。

  1. 上記のリンクを使用して、必要なLiferayコンテナのバージョンを見つけます。

  2. コンテナの完全なタグ名を一覧表示するdocker pullコマンドに注目してください。 タグ名は、liferay/dxp:7.3.10-ga1またはliferay/portal:7.3.6-ga7のようになります。

  3. Liferay Workspaceでgradle.propertiesを開きます。

  4. プロパティliferay.workspace.docker.image.liferayを使用してDockerタグを指定します。 次にいくつかの例を示します。

    liferay.workspace.docker.image.liferay=liferay/dxp:7.3.10-ga1
    
    liferay.workspace.docker.image.liferay=liferay/portal:7.3.6-ga7
    
  5. ファイルを保存します。 これで、Dockerイメージを作成する準備が整いました。

Liferay Dockerイメージを作成する

ワークスペースのルートフォルダから次のコマンドを実行します。

./gradlew createDockerContainer

ワークスペースの名前に-liferayが追加されたDockerイメージが作成されます。 たとえば、ワークスペースフォルダがmy-projectの場合、Dockerコンテナはmy-project-liferayと呼ばれます。 他のDockerイメージと同じようにコンテナを開始/停止できますが、最初にコンテナを構成することをお勧めします。

Dockerイメージの構成

コンテナを構成するための通常のDockerツールに加えて、Gradleタスクからコンテナを構築すると、 Liferay Home を指すフォルダがセットアップされるため、必要なLiferay構成を作成できます。 このフォルダはconfigs/dockerにあります。

たとえば、コンテナのGogoシェルへのtelnetアクセスを有効にすることができます。 その方法は以下の通りです。

  1. configs/dockerフォルダにportal-ext.propertiesファイルを作成し、次のプロパティを追加します。

    module.framework.properties.osgi.console=0.0.0.0:11311
    
  2. ファイルを保存します。

  3. コンテナを起動します。 作成したportal-ext.propertiesファイルに含まれているプロパティは、実行中のインスタンスに適用され、次のコマンドを使用してGogoシェルにtelnetできるようになります。

telnet localhost 11311

Docker構成は、複数の環境を処理できるより大きなワークスペース構成の一部です。 これを使用している場合、configs/commonに格納されている構成は、configs/dockerフォルダに配置されている構成とマージされます。