Documentation

Blade CLIを使用したプロジェクトの生成

Blade CLIは、Liferay WorkspaceでLiferayプロジェクトを作成、ビルド、およびデプロイするために存在します。 作成したプロジェクトは、IDEにインポートすることも、直接作業することもできます。 ここでは、Liferayプロジェクトを作成および管理するさまざまな方法を学びます。

Liferay Workspaceの作成

Liferay Workspaceは、プロジェクトとDevOps構成を保存するマシン上の一連のフォルダーです。 Liferay WorkspaceはGradleプロジェクトであるため、任意のIDEにインポートできます。 詳しくは、Liferay Workspaceを参照してください。 Liferay Workspaceを作成するには、次の手順に従います。

  1. CLIで、Liferay Workspaceを作成するフォルダーに移動します。

  2. 次のコマンドを実行します。

    blade init -v 7.3 [workspace name]
    

プロジェクトの作成

プロジェクトはLiferay Workspaceに存在します。 覚えておくべき重要なオプションは次のとおりです。

-t: 使用するプロジェクトテンプレートを指定します。 これらのリストを取得するには、 blade create -lと入力します。

-p: クラスのパッケージ名を指定します。

-c: クラス名を指定します。

-v: Liferayのバージョンを指定します。例えば、 7.17.27.3または7.4。 注:このオプションは省略でき、Bladeのデフォルトはワークスペースで構成されたバージョンになります。

これらをまとめて、「guestbook」というLiferay MVCポートレットを作成する場合は、次のコマンドを使用します。

blade create -t mvc-portlet -p com.acme.z3x1.portlet -c GuestbookPortlet guestbook

これにより、MVCポートレットテンプレート、com.acme.z3x1.portletと呼ばれるデフォルトのパッケージ、GuestbookPortletと呼ばれるポートレットクラス(Liferay 7.4では ゲストブック と呼ばれる)を使用してプロジェクトが作成されます。 これで、ワークスペースをIDEにインポートできます。 Liferay IntelliJプラグインまたはLiferay Developer StudioのEclipseプラグインは、拡張サポートを提供します。 Bladeを使用してプロジェクトに新しいワークスペースを作成する場合は、IDEでGradleプロジェクトを更新する必要があることに注意してください。

サンプルプロジェクトの作成

Liferayは、 サンプルプロジェクト のGitHubリポジトリを維持しています。 これらは、プロジェクトの開始点として使用できるさまざまなLiferayテクノロジーの完全に実装されたサンプルです。 ただし、リポジトリにクローンを作成してアクセスするのではなく、Blade CLIを使用してローカルに作成できます。

  1. 必要なサンプルプロジェクトを見つけます。

    blade samples
    
  2. モデルリスナーの実用的な例が必要だとします。 次のコマンドを入力します。

    blade samples model-listener
    
  3. サンプルの特定のバージョンが必要な場合は、バージョンを渡すことができます。

    blade samples -v 7.1 model-listener
    

レガシープラグインSDKプロジェクトの変換

バージョン7.0より前のLiferayプロジェクトがある場合、それらはPlugins SDKに含まれています。 これらを6.2以降のLiferayのバージョンで使用するには、プラグインSDKからLiferay Workspaceに移行する必要があります。

  1. まだ作成していない場合は、 Liferay Workspace 作成します。

  2. Liferay Workspace内から、次のコマンドを実行します。

    blade convert -s [path to old Plugins SDK] -a
    

    これにより、プラグインSDKのすべてのプロジェクトがワークスペースプロジェクトに変換されます。

  3. 単一のプロジェクトのみを変換する場合は、代わりに次のコマンドを使用します。

    blade convert -s [path to old Plugins SDK] [name of Plugins SDK project to convert]
    
  • Service Builderサービスを含むプロジェクトを変換すると、Blade CLIは個別のAPIおよびサービスOSGiモジュールを作成します。 ポートレットはWARのままで、wars フォルダに移動します。

  • テーマは、Liferay 7.xテーマのようにNodeJSを活用するように変換されます。 Javaベースのテーマを変換するには、代わりにTheme Builder Gradleプラグインを使用する -t オプションを追加します。