Documentation

Documentation Menu
Go Back

Makeを使用して、オブジェクトデータをGoogle シートと同期する

7.4以降で利用可能

ここでは、 Make (旧称:Integromat)を使用して、Liferay Objectと Google シート間の同期タスクをトリガーするWebhooksの使用方法について説明します。 この方法でデータを同期するには、Makeのアカウント、Googleスプレッドシート、およびアクティブなDXP 7.4インスタンスが必要です。 DXPインスタンスには、Googleスプレッドシートにデータを送受信するための必要なフィールドを持つ公開オブジェクトも必要です。

オブジェクトデータをGoogle シートに同期させる

以下の手順で、オブジェクトデータをGoogle シートに同期させます。

  1. Make にサインインし、 [Scenarios] ページに移動し、 [Create a new scenario] をクリックします。

    [Create a new scenario]をクリックします。

  2. 追加 ボタンをクリックし、 [Webhooks] モジュールを選択し、 [Custom webhook] トリガーを選びます。

    Webhookがデータを受信した際にシナリオを実行します。

    Webhooksを選択します。

    [Custom webhook]を選択します。

  3. 新しいモジュールを選択し、 追加 をクリックして、新しいWebhookを生成します。

    モジュールを選択し、追加をクリックします。

  4. 作成後、生成された Webhook URL をコピーします。

    生成されたWebhookのURLをコピーしてください。

  5. Liferayインスタンスでは、コピーしたURLを使って オブジェクトアクションを定義し、新しいオブジェクトエントリーが追加されるたびにwebhookエンドポイントにリクエストを送ります

    エントリーが追加されるたびに、webhookエンドポイントにリクエストを送信するアクションを定義します。

  6. Webhookをトリガーするためのテストオブジェクトエントリを追加します。

    これにより、Webhookモジュールがオブジェクトのデータ構造を自動的に決定することができます。

  7. モジュールがオブジェクトのデータ構造を正常に決定したことを確認し、 [OK] をクリックします。

    オブジェクトのデータ構造が正常に決定されたことを確認します。

    注釈

    オブジェクトの構造が変更された場合は、Webhookモジュールの編集に戻り、*[Redetermine data structure]*をクリックします。

  8. Add new module] ボタンをクリックし、 [Google Sheets] モジュールを選択し、 [Add a Row] アクションを選びます。

    Google シートを選択します。

    [Add a Row]を選択します。

  9. 新しいモジュールを選択し、 追加 をクリックして、Googleアカウントを接続します。

  10. [Connection name]を入力し、 [Save] をクリックします。

    これにより、連携したいGoogleアカウントを選択し、そのアカウントのファイルにアクセスするMake権限を付与するためのウィンドウが開きます。

    Google接続を追加します。

    Make権限を付与した後、Google Sheetsモジュールの編集に戻ります。

  11. モジュールのモードを決定してから、目的の SpreadsheetSheet を選択し、オブジェクトと同期させます。

  12. 選択されたシートがヘッダーが含まれているかどうかを示します。

  13. シートの列をオブジェクトのストラクチャーのデータフィールドにマッピングします。 利用可能なオブジェクトフィールドは、 Webhooks モジュールによって提供されます。

    シートの列をオブジェクトのフィールドにマッピングします。

  14. Scheduling] をオンにし、このシナリオを 保存 します。

    スケジューリングをオンにします。

保存後、選択したシートに新しいオブジェクトの入力データが追加されます。

シートデータをオブジェクトに同期する

以下の手順で、Google シートのデータをオブジェクトに同期させます。

  1. Makeを開き、[Scenarios]ページに移動し、 [Create a new scenario] をクリックします。

    [Create a new scenario]をクリックします。

  2. 追加 ボタンをクリックし、 [Google Sheets] モジュールを選択し、 [Watch Rows] トリガーを選びます。

    シートの新しい行を監視するようモジュールを設定します。

    Google シートを選択します。

    [Watch rows]を選択します。

  3. 新しいモジュールを選択し、 追加 をクリックして、Googleアカウントを接続します。

  4. [接続名]を入力し、 [保存] をクリックします。

    これにより、連携したいGoogleアカウントを選択し、そのアカウントのファイルにアクセスするMake権限を付与するためのウィンドウが開きます。

    Google接続を追加します。

  5. 目的の [Spreadsheet] と [Sheet] を選択します。

  6. 選択したシートがヘッダーを含むかどうかを示し、監視する列の範囲を入力します(例: A1:E1 は、A列からE列にデータ入力を送信します)。

  7. 1回の実行サイクルで処理される結果の制限を設定します。

  8. 完了したら、 [OK] をクリックします。

  9. Add new module] ボタンをクリックし、 [HTTP] モジュールを選択し、 [Make a Basic Auth request] アクションを選びます。

    HTTPを選択します。

    [Make a Basic Auth request]を選択します。

    重要

    デモ目的でのみベーシック認証を使用しています。 ビジネスユースケースでは、より安全な認証方法を使用してください(例:Make an OAuth 2.0 request)。

  10. 新しいモジュールを選択し、 追加 をクリックして、基本認証情報を追加します。

  11. 追加されたら、オブジェクトのHeadless APIのURLを入力し、次のフォーマット:https://<your-domain>/o/c/<objectname>/を使用します。 詳細は、 ヘッドレスフレームワークの統合 を参照してください。

  12. post 方式タイプを選択します。

    認証情報を追加し、オブジェクトのHeadless APIのURLを入力し、post方式を選択します。

  13. 目的の[Body type](例: RAW)とリクエストの[Content type](例: JSON)を選択してください。

  14. 選択したコンテンツの種類とターゲットオブジェクトに適した書式でリクエスト本文を入力します。

    [Make a Basic Auth request]を選択します。

  15. OK] をクリックします。

  16. Scheduling] をオンにし、このシナリオを 保存 します。

    スケジューリングをオンにして、シナリオを保存します。

    注釈

    デフォルトでは、このシナリオは15分ごとに自動的にトリガーされます。

追加情報