Documentation

Documentation Menu
Go Back

IFTTTを使用して、オブジェクトデータをGoogle シートと同期する

7.4以降で利用可能

ここでは、 IFTTTを使用して、Liferay Objectと Google シート間の同期タスクをトリガーするWebhooksの使用方法について説明します。 この方法でデータを同期するには、IFTTTのアカウント、Googleスプレッドシート、およびアクティブなDXP 7.4インスタンスが必要です。 DXPインスタンスには、Googleスプレッドシートにデータを送受信するための必要なフィールドを持つ公開オブジェクトも必要です。

オブジェクトデータをGoogle シートに同期させる

以下の手順で、オブジェクトデータをGoogle シートに同期させます。

  1. IFTTTにサインインし、 [Create] をクリックします。

    [作成]をクリックします。

  2. If This] ステップで、 [Add] をクリックします。

    [If This]ステップの[Add]をクリックします。

  3. Webhooks] を選択します。

    Webhooksを選択します。

  4. トリガータイプは、 [Receive a web request] をクリックします。

    トリガータイプを選択します。

  5. Event Name] にイベント名を入力し、 [Create Trigger] をクリックしてください。

    [イベント名」を入力し、「トリガー作成」をクリックします。

  6. Then That] ステップで、 [Add] をクリックします。

    [Then That]のステップの追加をクリックします。

  7. Google Sheets] を選択します。

    Google シートを検索して選択します。

  8. アクションタイプは、 [Add row to spreadsheet] をクリックします。

    [スプレッドシートに行を追加する]をクリックします。

  9. アクションを設定し、 [Create Action] をクリックします。

    アクションを設定します。

    注釈

    Googleアカウントに接続すると、連携したいGoogleアカウントを選択し、そのアカウントのファイルにアクセスするIFTTT権限を付与するためのウィンドウが開きます。

  10. Continue] をクリックします。

    [続行]をクリックします。

  11. 確認し、 [Finish] をクリックします。

    確認後、[完了]をクリックします。

  12. 処理を終了すると、 アプレット はすでに 接続された 状態となっています。

    確認後、[完了]をクリックします。

  13. 作成したら、 Webhookアイコン → [ドキュメンテーション] をクリックし、生成した Webhook URL をコピーしてください。

    Webhookアイコンをクリックします。

    生成されたWebhookのURLをコピーしてください。

  14. Liferayインスタンスでは、コピーしたURLを使って オブジェクトアクションを定義し、新しいオブジェクトエントリーが追加されるたびにwebhookエンドポイントにリクエストを送ります

    エントリーが追加されるたびに、webhookエンドポイントにリクエストを送信するアクションを定義します。