Documentation

Documentation Menu
Go Back

Automate.ioを使用して、オブジェクトデータをGoogle シートと同期する

7.4以降で利用可能

ここでは、 Automate.io を使用して、Liferay Objectと Google シート間の同期タスクをトリガーするWebhooksの使用方法について説明します。 この方法でデータを同期するには、Automate.ioのプレミアムアカウント、Googleスプレッドシート、およびアクティブなDXP 7.4インスタンスが必要です。 DXPインスタンスには、Googleスプレッドシートにデータを送受信するための必要なフィールドを持つ公開オブジェクトも必要です。

オブジェクトデータをGoogle シートに同期させる

以下の手順で、オブジェクトデータをGoogle シートに同期させます。

  1. Automate.io にサインインし、 [Create a Bot] をクリックします。

    Automate.ioを開き、Create a Botをクリックします。

  2. Trigger 手順では、 [Webhooks] アプリを選択してください。

    Webhooksを選択します。

    注釈

    Webhooksは、Automate.ioのプレミアム機能です。

  3. Trigger Event] については、 [Incoming Hook] を選択してください。

    Incoming Hookを選択します。

  4. 生成された Webhook URL をコピーします。

    WebhooksのURLをコピーします。

  5. Liferayインスタンスでは、コピーしたURLを使って オブジェクトアクションを定義し、新しいオブジェクトエントリーが追加されるたびにwebhookエンドポイントにリクエストを送ります

    エントリーが追加されるたびに、webhookエンドポイントにリクエストを送信するアクションを定義します。

  6. Webhookをトリガーするためのテストオブジェクトエントリを追加します。

    これにより、Automate.ioボットのWebhooksアプリがオブジェクトデータ構造を自動的に決定することができます。

  7. Action 手順では、 [Google Sheets] アプリを選択してください。

    Google シートを選択します。

  8. Authorize] をクリックして、Googleアカウントとアプリを連携させます。

    接続するGoogleアカウントを選択します。

  9. アクションフィールドでは、 [Add Row] を選択します。

    [行を追加する]を選択します。

  10. オブジェクトと同期させたい スプレッドシートワークシート を選択し、 [保存] をクリックします。

    目的のスプレッドシートとワークシートを選択します。

  11. ボットを オンにします

    ボットをオンにします。

  12. オブジェクトエントリを追加して、ボットをテストします。

    本番データを使ってボットをテストします。

  13. ボットがオブジェクトデータを正常に受信し、Google シートのアクションをトリガーしたことを確認します。

    テストが正常に行われたことを確認します。

追加情報