Documentation

Documentation Menu
Go Back

Clayアラート

Clayアラートには、埋め込みとストライプの2つのタイプがあります。 両方のタイプと、それぞれのいくつかの例を以下に示します。

埋め込みアラート

埋め込みアラートは通常、フォーム内で使用されます。 埋め込みアラートを含む要素によって、埋め込みアラートの幅が決定します。 埋め込みアラートには、クローズアクションは必要ありません。 次の埋め込みアラートは、Clay taglibを使用して作成できます。

危険アラート(埋め込み):

<clay:alert
    message="This is an error message."
    style="danger"
    title="Error"
/>

危険アラートは、エラーまたは問題をユーザーに通知します。

成功アラート(埋め込み):

<clay:alert
    message="This is a success message."
    style="success"
    title="Success"
/>

成功アラートは、アクションが成功したときにユーザーに通知します。

情報アラート(埋め込み):

<clay:alert
    message="This is an info message."
    title="Info"
/>

情報アラートは、ユーザーに一般的な情報を表示します。

注意アラート(埋め込み):

<clay:alert
    message="This is a warning message."
    style="warning"
    title="Warning"
/>

注意アラートは、ユーザーに警告メッセージを表示します。

ストライプアラート

ストライプアラートは、最後のナビゲーション要素(ヘッダまたはナビゲーションバーのいずれか)の下に配置され、通常は [保存] アクションで表示され、サーバーから受信したアクションのステータスを通知します。 埋め込みアラートとは異なり、ストライプアラートにはクローズアクションが必要です。 ストライプアラートは常にコンテナの全幅であり、すべてのコンテンツをその下にプッシュします。 次のストライプアラートは、Clay taglibを使用して作成できます。

危険アラート(ストライプ):

<clay:stripe
    message="This is an error message."
    style="danger"
    title="Error"
/>

危険ストライプアラートは、アクションが失敗したことをユーザーに通知します。

成功アラート(ストライプ):

<clay:stripe
    message="This is a success message."
    style="success"
    title="Success"
/>

成功ストライプアラートは、アクションが正常に完了したことをユーザーに通知します。

情報アラート(ストライプ):

<clay:stripe
    message="This is an info message."
    title="Info"
/>

情報ストライプアラートは、アクションに関する一般的な情報をユーザーに表示します。

注意アラート(ストライプ):

<clay:stripe
    message="This is a warning message."
    style="warning"
    title="Warning"
/>

注意ストライプアラートは、アクションに関する警告をユーザーに通知します。

これで、ユーザーに警告する方法がわかりました。