Documentation

アプリビルダー

利用可能:Liferay CE/DXP 7.3( 廃止され、7.4では削除されました

アプリビルダーは、Liferay DXP用のローコードアプリケーション開発ソリューションです。 データモデルを構築し、アプリケーションのフォーム(データ入力用)とテーブル(データレコードの表示および管理用)を定義し、アプリケーションをサイトにデプロイしたり、または完全にスタンドアロンのアプリケーションとしてデプロイします。 アプリビルダーを使用すると、専用のユーザーインターフェイスとデータ分離を備えた機能的なビジネスアプリケーションを、コードを1行も記述せずに作成できます。

このアプリビルダーオブジェクトには、2つの個別のアプリケーションがデプロイされています。

Liferayフォームアプリケーションに同様のフォーム構築機能が含まれているのに、アプリビルダーを使用する理由は何でしょうか。 それらの違いの要約を次に示します。

機能

Liferayフォーム

アプリビルダー

シンプルまたは複雑なフォームを作成する

ウィジェットまたは専用URLにフォームをデプロイする

フォームデータを他のフォームのデータから分離する

フォームをプロダクトメニューにデプロイする

収集したデータを複数の場所に表示する

フォームデータの表示を制御する

1つのデータオブジェクトに複数のフォームをデプロイする

1つのデータオブジェクトに複数のデータレコードビューをデプロイする

アプリビルダーは、データ表示テーブル、柔軟な展開オプション、フォームの結合などを提供することでフォームの枠を超えており、これらはすべて1つのデータオブジェクトに支えられています。

アプリを作成する

アプリビルダーには、標準とワークフローに対応した2つの種類があります。 アプリビルダーで作成されたすべてのアプリは、アプリビルダーUIで定義された、オブジェクト、フォームビュー、テーブルビューの3つのコンポーネントで構成されています。 アプリケーションのビルドに直接進むには、Creating an Application with App Builderを参照してください 。

アプリビルダーオブジェクト

オブジェクト は、すべてのアプリビルダーアプリケーションの基盤です。 これは、アプリケーションが収集および管理する情報を定義します。 たとえば、ゲストブックオブジェクトには、少なくとも [名前] フィールドと [メッセージ] フィールドが含まれます。

オブジェクトに基づいてアプリケーションを作成するときは、少なくとも1つのフォームビューと少なくとも1つのテーブルビューを作成し、アプリケーションをデプロイします。

ネイティブオブジェクトには、すぐに使用できるデータフィールドが含まれています。 フォームビューの作成と同時にカスタムオブジェクトのデータフィールドを定義できます。

フォームビュー

フォームビューは、ユーザーが入力する必要のあるオブジェクトのデータフィールドを定義します。 Liferayフォームアプリケーションのフォームビルダーツールは、このために再利用されます。 アプリビルダーオブジェクトには、複数のフォームビューを設定できます。

フォームビューにフィールドを追加すると、フィールドが自動的にオブジェクトに追加されます。 フォームビューアのフィールドリストからフィールドをドラッグすることにより、以前に作成したフォームビューを介してオブジェクトに追加されたフィールドを再利用できます。

テーブルビュー

テーブルビューには、オブジェクトについて収集されたデータレコードが表示されます。 さらに、権限を持つユーザーは、 新しいエントリの追加 機能へのアクセス、エントリの詳細の表示、およびアプリケーションのエントリの管理を行うことができます。 テーブルビューには、オブジェクトのフィールドのすべてまたはサブセットを表示できます。 各アプリには少なくとも1つもテーブルビューがありますが、オブジェクトには必要な数だけ設定できます。 ドラッグアンドドロップインターフェイスを使用すると、既存のフィールドからテーブルビューを簡単に作成できます。

デプロイ

オブジェクトを定義し、少なくとも1つのフォームビューとテーブルビューを作成したら、アプリケーションをデプロイできます。 いくつかのデプロイオプションがあります。

ウィジェット: アプリケーションをウィジェットメニューにデプロイし、[Add Widgets]メニューを使用してページに追加します([Add ]→ [Widgets]から、アプリケーションを名前で検索します)。 ウィジェットとしてデプロイすると、実際にはアプリケーションの3つのバリエーションが[Add Widgets]メニューにデプロイされ、それぞれに異なるラベルが付けられます。 各オプションには、さまざまな機能があります。

ウィジェットメニューラベル

フォームエントリーの送信

エントリの参照

エントリーの更新と削除

アプリ名

アプリ名[フォームビュー]

アプリ名[テーブルビュー]

アプリビルダーのウィジェットはページに配置されます。

スタンドアロン: アプリケーションを、サイトの一部ではなく、どのナビゲーションメニューにも表示されない専用ページにデプロイします。 これにより、リンクを知っている人だけにアクセスが制限されます。

スタンドアロンのアプリビルダーアプリケーションは直接リンクによってのみアクセスできます

プロダクトメニュー: アプリケーションをコントロールパネル、サイトメニュー、またはその両方にデプロイします。 これにより、どの管理ユーザーがアプリケーションにアクセスできるかを柔軟に決定できます。

アプリビルダーアプリケーションをプロダクトメニューに追加できます。

スタンドアロンまたはプロダクトメニューアプリケーションには、常にフォームビューとテーブルビューの両方が含まれています。 テーブルビューがデフォルトのビューですが、追加ボタンでフォームビューへのアクセスを提供できます。

次のステップ